大横綱の引退決断に「驚き」 貴乃花親方の異例の幕引きに波紋広がる

産経新聞 によると。

 日本相撲協会側から受けた“圧力”を引退理由にあげた貴乃花親方。識者らは「予想外」と驚く一方、排除ともとれる経緯に協会側の説明を求める声があがった。史上初の外国人横綱でプロレスラーに転向した曙太郎氏など、元横綱が相撲界から身を引くケースは過去にもあったが、一代年寄まで襲名した貴乃花親方の異例の幕引きには波紋が広がった。

 スポーツジャーナリストの二宮清純氏は突然の引退届に驚きながらも「非常に一本気で妥協しない性格。自分を曲げてまで、協会に残りたくないと決断したのでは」と推察した。

 貴乃花親方は、弟子への傷害事件をめぐり同協会の対応の問題点を内閣府に告発した内容について、「事実無根」と認めなければ新たな受け入れ先の一門はないとされ、部屋の継続が困難と判断したと説明した。

 二宮氏は、告発をめぐる双方の見解の相違を改めて明確にする必要性を指摘し、「『一門に属さなければ親方ができない』という決定はいつ、どのような経緯で行われたのか。世間からすれば排除の論理に見える。伝統文化とは本来、懐の深いもののはずだ」と懸念した。

 一方、スポーツ評論家の玉木正之氏は「さまざまな要因はあるが、伝統的な相撲界の古くからある体制に受け入れられなかった結果ではないか」と語った。

 協会側と対立する過程では、貴乃花一門の親方衆との足並みが乱れ、行事への無断欠席なども問題視された。玉木氏は「改革を旗印に相撲協会の刷新を目指したが、方法論が通用しなかった。最後は、『独り相撲』のようになってしまったのが残念」とした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です