貴乃花に「圧力」かけたのは誰なのか 「耐え難き仕打ちの数々」新告発も

J-CASTニュース によると。

 大相撲の貴乃花親方は、退職を決意した理由を語った会見で、日本相撲協会による圧力があったと主張したが、協会サイドはこれを否定。双方の主張に食い違いが見られ、圧力問題は平行線をたどったままだ。

 貴乃花親方は本当に圧力をかけられたのか。圧力をかけた親方は誰なのか。真相の解明が急がれる。

■「役員」の名前は明かさず

 2018年9月25日に都内で会見した貴乃花親方によると、最初に協会から圧力がかかったのが今年8月。弟子の貴ノ岩への傷害事件について、3月に内閣府に提出した告発状に関するものだった。その趣旨は、協会に真実を隠さずに対応することを求めるものだった。その後、弟子の暴行事件が発覚し、告発状を取り下げたが、8月に協会が依頼した外部弁護士の見解を踏まえた書面が貴乃花親方のもとに届いた。

 協会から受け取った書面には、貴乃花親方が内閣府に提出した告発状は、事実無根の理由だと結論づけられた内容だったという。貴乃花親方は事実無根でないと説明をしたが、協会から、これを認めないと親方を廃業せざるを得ないと有形、無形の要請を受け続けたという。

 2つ目の圧力は、一門加入に関するもの。協会は7月の理事会で、親方は現存する5つの一門のいずれかに所属しなければならないことを確認。協会は、いずれにも所属しなかった親方には、部屋の取り潰し、廃業の厳罰を与える可能性を示唆していた。

 9月27日の理事会までにいずれかの一門に加入しなければならなかったが、貴乃花親方は25日までに所属先が決まっていなかった。なぜ新たな所属先が決まらなかったのか。貴乃花親方によると、貴乃花親方に手を差し伸べようとした一門もあったというが、協会幹部からある条件を突きつけられていたため、加入することが出来なかったという。

 新たな一門に入る条件とは、告発の理由を事実無根の内容に基づくものだと認めること。25日の会見では「正式な通達、書類や文章がございません。名前は控えさせていただくが、役員のある方から、今場所後半戦に入り、はじめてそのような話を聞いた」と実名こそ避けたが、協会幹部から圧力がかかったと説明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です