貴闘力、「口頭で何回もだまされてる」貴乃花親方と協会の話し合いは困難と指摘

 元関脇の貴闘力が27日、TBS系「ひるおび!」に生出演。日本相撲協会からの電撃退職を表明した貴乃花親方と協会の話し合いについて「今まで何回もだまされているから」と協会に不信感を募らせていることから、口頭での話し合いには臨まないのではという見通しを語った。

 番組では、協会からの電撃退職を表明した貴乃花親方と、意見が真っ向食い違っている相撲協会について議論。ゲストとして貴乃花親方の兄弟子となる貴闘力が生出演した。

 その中で、番組では街の声を拾ったが、一部では「もっと協会側と口頭でしっかり話し合うべき。残された弟子たちがかわいそう」という意見があった。これにMCの恵俊彰が「しつこいが、(貴乃花親方の)心変わりはないんでしょうか?」と協会に残る気持ちは一切ないのかと貴闘力に質問した。

 これに貴闘力は苦笑しながら「口頭で言えないことってあるんですよ、正直」と切り出すと「今まで何回もだまされてますから。オレらと一緒に話して『(協会側が)大丈夫だから』って言って、口頭で言ったことが表面に出た時に逆になることがある」と、協会側との口だけの話し合いに不信感を抱いていると指摘。

 そして「だから、全部文書になったんです」と、貴乃花親方と協会のやり取りは文書になった経緯を説明。「口頭にすればいいじゃないって皆、言うけど、今まで何回も何回もだまされてますから」と、話し合いの実現は難しいとの持論を語っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です