ジャパンOPで織田信成が“今季世界3位”の高得点。会場ざわつく!

スポーツ報知 によると。

 日本、欧州、北米の男女2人ずつのフリーで争われ、男子で10年バンクーバー五輪7位の織田信成さん(31)が176・95点をマーク。今大会の記録は国際スケート連盟(ISU)非公認となるが、この日、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が出した186・96点、18年オンドレイ・ネペラ杯でロシアのコリャダがマークした177・55点に続く、“今季世界3位”の高得点で、会場がどよめいた。

 織田さんは冒頭に4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャップを着氷。その後も次々とジャンプを成功させ、大きなミスなく4分間を演じ切った。曲が鳴り終わると、渾身のガッツポーズ。観客のスタンディングオベーションを浴びた。

 18年世界選手権金メダルのネーサン・チェン(米国)は144・96点だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です