羽生結弦写真展、仙台で開幕…初日から多くのファンが詰めかけました。

TBC東北放送 によると。

 初日から多くのファンが足を運んでいます。フィギュアスケートでオリンピック連覇を果たした羽生結弦選手の写真展が15日から仙台で始まりました。

 仙台市青葉区の地下鉄国際センター駅で始まった写真展。宮城県内外から多くのファンが詰めかけました。15日から写真集が発売されたのを記念して開かれたもので、ピョンチャンオリンピックでの迫力ある演技や競技の合間に見せるはじけるような笑顔、それにオフの写真まで約60点が展示されています。撮影したのは、仙台出身の写真家・能登直さんで、ピョンチャンで連覇を果たすまでの4年間に収められた羽生選手の多彩な表情を見ることができます。

 この写真展は「国際センター駅」の2階で、10月21日まで開かれていて、入場は無料となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です