羽生結弦は異次元に到達 今季中の“4回転半”を次なる目標に

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 4日のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦(ヘルシンキ)。冬季五輪2連覇中の羽生結弦(23)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーもトップの190.43点をマークし、合計297.12点でGP9勝目(ファイナル含む)を挙げた。国際スケート連盟(ISU)公認大会で世界初の4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)に成功。SP、フリー、合計の全てでルール改正後の世界最高得点をマークした。

 意外にも、シニア転向9季目にして初めてGPシリーズ初戦を制した羽生は「4回転トーループ―3回転半はちょっと挑戦的なことだったと思うし、練習も大変だったが頑張った」と笑顔を見せ、今季中には「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)をやりたい」とさらなる高みを目指すと明かした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です