宇野昌磨、NHK杯初優勝…4季連続GPファイナル出場決めた

スポーツ報知 によると。

 男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリーに挑み、SPで転倒した4回転トウループなどを成功させ、183.96(技術点94.18、演技構成点89.78)で合計276.45点でNHK杯初優勝し、4季連続のGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。

 宇野は冒頭の4回転サルコーを成功させると勢いに乗り、続く4回転トウループも成功させた。最後は満員の観客から拍手が沸き起こり、ほっとしたような表情で笑顔を見せていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です