大谷翔平の新人王は「100年以上受け継がれる」 二刀流での受賞に米記者最大級賛辞

THE ANSWER によると。

 メジャーリーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。チームメートやファンから続々祝福を浴びていた大谷だが、米記者も「100年以上受け継がれるものだ」と伝説的な二刀流での活躍を改めて称えている。

 大谷は今季、打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点、OPS.925、10盗塁、また投手としても10試合に登板し、4勝2敗、防御率3.31という投打に好成績をマーク。30人中25人から1位票を投じられ、次点のヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手に大きな差をつけ、文句なしでの受賞を果たした。

 エンゼルスで新人王を獲得するのは1993年のティム・サーモン氏、2012年のトラウト以来となる3人目。ベーブ・ルース以来となる「15本塁打&50イニング登板」を果たすなど、“ルース以来”という言葉で何度も語られ、一世紀前のかつての伝説の存在を現在によみがえらせた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニは歴史に残るシーズンを締めくくった。二刀流選手という、100年以上も受け継がれるものだ」とツイート。「ショウヘイ・オオタニは特大の可能性をもってエンゼルスに入団し、全米を支配してきた」ともつづり、最大限の賛辞を送っている。

 前人未到の二刀流への挑戦は、米国でも格別な存在感を放っていたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です