羽生結弦、今季世界最高得点を更新 ロシア杯SP首位

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日、モスクワで開幕。男子ショートプログラム(SP)があり、平昌(ピョンチャン)五輪で66年ぶりの連覇を達成し、第3戦フィンランド大会で優勝した羽生結弦(ANA)がルール改正後の世界最高得点を更新する110・53点で首位発進した。第3戦フィンランド大会で自らが出した106・69点を3・84点上回った。昨季世界選手権5位の友野一希(同大)は82・26点で4位につけた。女子SPには、第2戦スケートカナダ2位の山下真瑚(愛知・中京大中京高)が7番滑走で登場するほか、松田悠良(中京大)が1番滑走、フィンランド大会4位の白岩優奈(関大ク)が9番滑走。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)らも出場する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です