海外メディアも紀平梨花初Vを絶賛!「衝撃の1年続く」「保った冷静さ」

THE PAGE によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子シングル、フリースケーティングが現地時間8日(日本時間9日)、カナダのバンクーバーで行われ、ショートプログラムで首位に立っていた紀平梨花(16、関大KFSC)が150.61点をマーク、計233.12点で初優勝を果たした。シニアデビューシーズンのGPファイナル優勝は2005年の浅田真央氏以来となる快挙。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16、ロシア)は連続ジャンプに失敗するなど不利0でも148.60点と伸びず計226.53点で2位に沈んだ。紀平は冒頭のトリプルアクセルでは両手をついたが、続くトリプルアクセル+2回転トゥループを成功させ7本中6本のジャンプを決めた。

 海外メディアも紀平の衝撃初Vを絶賛。国際スケート連盟(ISU)の公式サイトも「新人の紀平が女子シングル金へ強襲」との見出しで、紀平のGPファイナル優勝を大々的に伝えた。その記事の中で、この冒頭の緊急プログラム変更について「紀平は、最初のトリプルアクセルで崩れたが、即座にトリプルアクセル+2回転トゥループ、3回転ルッツ+3回転トゥループに変えて、さらに4つの3回転ジャンプ、2つのレベル4のスピンで盛り返した」と称えた。

 五輪スポーツを取り上げるOlympic Channelは「紀平がGPファイナルの栄冠をつかむ」との見出しで「10代選手(の紀平)が驚くべきデビューを果たしたシニアイヤーにバンクーバーの披露会での勝利を加えた」と賞賛した。

 同記事も、冒頭のミスをカバーした点を評価。

「16歳(の紀平)はウォームアップでトリプルアクセルを試すも転倒、本番の滑りでも、もう一度転倒した。だが、紀平は観客をうならすために力強く盛り返し、ダグ・ミッチェル・サンダーバードスポーツセンターで150.61点を記録し、シーズン最高の合計233.12点をあげた。最初のトリプルアクセルで転倒したが、冷静さを保ち、残りの演技を見事に滑り切った」
 急遽、トリプルアクセル+2回転トゥループ、3回転ルッツ+3回転トゥループ、3回転ルッツ+2回転トゥループ+2回転ループの連続ジャンプを加えるプログラム変更に成功したことを伝えた。

 記事は「衝撃の1年は続く」と小見出しを入れ、「紀平にとって、シニアレベルでのデビュー年はフィギュアスケート界の注目を集める見事な1年となっている。彼女は今シーズンはまだ無敗で、その間に2つの今季世界最高得点を記録している」という紀平の軌跡と共に、今後、12月下旬からの全日本フィギュア選手権に出場、来年、2月の四大陸選手権に照準を絞っているという予定を紹介した。

 また記事は2位に終わったザギトワについても触れ、「前年の覇者でショートプログラムで紀平に次いで2位だったザギトワは計226.53点としたが、順位を上げることはできなかった。彼女は6人中4番目に滑り序盤にミスを犯した。後半の滑りでは盛り返して力強い滑りを見せたが、紀平に勝つには十分ではなかった。ザギトワは今シーズン初の敗北を喫した」と続けた。

 米のNBCスポーツは「紀平がGPファイナルでザギトワを破る」との見出しを取った。同記事は、ザギトワが史上2番目の若さで平昌五輪で金メダルを獲得した15日後に紀平が世界ジュニアで8位だったことを伝え、わずか数か月での急成長ぶりを報じた。またGPファイナルでは、過去に浅田真央氏、村主章枝氏が優勝していたことに触れ、日本では今大会前から紀平に大きな期待が寄せられていたことを紹介した。

「紀平は得意のジャンプを今シーズンにさらに大きく向上させて、トリプルアクセルを8度試し4回綺麗に着地するなど出場した4大会のすべてで優勝した。紀平とエリザベータ・トゥクタミシェワのみがGPシリーズで、この難しいジャンプ(トリプルアクセル)を跳ぶことのできる女子選手だ」と紀平の武器であるトリプルアクセルをクローズアップした。
 弱冠16歳の紀平のトリプルアクセルは、世界のフィギュア界に衝撃を与えているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です