大島由香里アナ「小塚崇彦」と離婚へ「あなた土下座で謝って」

SmartFLASH によると。

 12月3日、「スポーツニッポン」は、フィギュアスケート元日本代表の小塚崇彦氏(29)と、元フジテレビの妻・大島由香里アナ(34)の別居を報じた。

〈原因は多忙によるすれ違いで、すでに離婚に向けた話し合いをしている〉

「別居しているのは事実です。どうしても許せないことがあって、今秋、大島さんは1歳半の娘と東京に引っ越しています」(大島アナの知人)

 2人の出会いは、2010年のバンクーバー五輪。大島アナがリードする形で、交際がスタートした。遠距離恋愛を乗り越え、2016年2月に結婚。2017年4月には長女が誕生し、結婚生活は順調に見えた。

 だが、スポーツ関係者は「小塚さんは2018年1月ごろから東京に部屋を借りていた」と明かす。

 2018年1月といえば、大島アナがフジテレビを退社し、名古屋に引っ越した直後のこと。遠距離の結婚生活から、ようやく家族水入らずの暮らしを送れるはずが、「別居生活」は解消されていなかったのだ。

「(小塚氏が)名古屋にいるのは月に1週間ほど」と、大島アナは6月、本誌の取材に語っていた。退社後の大島アナは、小塚氏の事務所に所属。小塚氏と大島アナ、夫婦2人のマネージャーは、大島アナの姉が務めていたが……。

「親族なのに、小塚さんとお義姉さんの連携が取れていない印象だった。昨冬には、約束していた仕事に小塚さんが来ないトラブルが起きたこともある」(前出・スポーツ関係者)

 12月1日、大島アナは自身のブログで、大手芸能事務所に所属することを発表した。大島アナの姉は、その直前に、夫婦2人のマネージャーから退くと、関係各所に報告していたという。

 渦中の男性が出てきたのは、名古屋市内の実家からだった。本誌直撃に、小塚氏は「わ、びっくりした」と驚いた。

――なぜ別居を? 離婚協議を始められたそうですが……。

「まあ、そのへんは僕がいろいろ言うと……。ブログに書いたことがすべてです」

――大島さんの姉との、マネジメント契約はなくなる?

「会社との契約は、2018年いっぱいで切れるということです。もうこれぐらいで。申し訳ないですけど……」

 丁寧ながら、歯切れは悪かった。別居報道を受け、小塚氏はブログに「現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません」と綴っている。

「『彼が土下座して謝ってきたら、やり直せるかも』と、大島さんは考えています。でも、小塚さんはのらりくらりで、まともに取り合わない。関係修復は難しいでしょう。年明けには離婚が成立して、お互い別々に歩んでいくことになる」(前出・大島アナの知人)

 大島アナの反対を押し切り、小塚氏は現役引退を決意した。年上妻の「最後通牒」を聞き入れることは、なさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です