羽生結弦が快挙 米ESPN「最も支配的な選手20人」アジア男子唯一選出 五輪V2を絶賛

THE ANSWER によると。

 米大手スポーツ専門局「ESPN」が11日、2018年のスポーツ界で「最も支配的だった20人のアスリート」を選出。フィギュアスケートで五輪連覇を達成した羽生結弦(ANA)が米プロバスケットボールのキング、米大リーグのMVPらを抑え、アジア勢男子で唯一となる11位にノミネートされている。

「ESPN」は「支配的な20人」と題し、2018年スポーツ界の格付け企画を行った。F1とNFLを除き、最新の終了したシーズンで最も強い数値を出したアスリートを集め、1998年以来の各年のトップアスリートたちと比較し、独自にレーティングを設定。現在、右足首故障で戦線離脱中の「Yuzuru Hanyu」は11位にランクイン。平昌五輪の主役は日本人で唯一の選出を果たした。

「平昌五輪に向けての問題は男子フィギュア界の覇者、ハニュウが王座を守るかどうかはさておき、足首の怪我からの戦線復帰が間に合うか、というものだった。23歳は可能な限りの断固たる流儀で回答した。66年ぶりの連続金メダルを獲得したのだ」

 寸評では、絶対王者の流儀を高く評価。昨年11月のNHK杯の公式練習で右足首を痛めていた羽生は一時参戦も危ぶまれたが、華麗に復活した。「彼のプログラムが終わると、彼ならでは、ファンからのくまのプーさんの人形の雨が降り注がれた。ハニュウはしゃがみ込み、持ち堪えた右足に感謝した」と黄色く染まったリンクで足首を労ったシーンをハイライトとして取り上げている。

 さらに、現役続行した絶対王者健在も評価。「彼はそこから止まることをしなかった。足首の故障を再発させたが(2位以下に)2桁の得点差をつけて、11月のグランプリ2大会で優勝した」として「支配力」という項目では「1.174」という数値で評価した。
トップ20の面々は? 1位はリオ五輪金メダリストの“絶対女王”
 羽生は各界のスーパースターより上と評価されている。続く12位はF1王者のルイス・ハミルトン(英国)、13位は「キング」の異名を摂るNBAのスーパースターレブロン・ジェームス(レイカーズ)、14位はMLBで今季MVPに輝いたムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)、20位は大谷翔平投手と同僚の天才マイク・トラウト外野手(エンゼルス)が選ばれていた。

「ESPN」の母国、米国の超一流アスリートが多数を占める中、アジア勢で唯一の選手は快挙といえる。ランキングは以下の通り。

1位 シモーネ・バイルス(米国・体操女子=リオ五輪金)
2位 エリウド・キプチョゲ(ケニア・マラソン男子=リオ五輪金)
3位 ダニエル・コーミエ(米国・総合格闘技=UFC2階級王者)
4位 アリヤ・ジュタヌガーン(タイ・ゴルフ女子=賞金女王)
5位 ケイティ・レデッキー(米国・競泳女子=リオ五輪金)
6位 クロエ・キム(米国・スノーボード女子=平昌五輪金)
7位 ブレアナ・スチュワート(米国・バスケ女子=WNBAのMVP)
8位 ルカ・モドリッチ(クロアチア・サッカー男子=年間最優秀選手)
9位 シモナ・ハレプ(ルーマニア・テニス女子=WTA年間1位)
10位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア・テニス男子=ATP年間1位)
11位 羽生結弦(日本・フィギュア男子=五輪2連覇)
12位 ルイス・ハミルトン(英国・F1=年間王者)
13位 レブロン・ジェームズ(米国/NBA=バスケ界のキング)
14位 ムーキー・ベッツ(米国/MLB=ア・リーグMVP)
15位 ドリュー・ブリーズ(米国/NHL=不屈のベテランQB)
16位 ジャスティファイ(米国/競馬=米クラシック三冠)
17位 アレクサンドル・オベチキン(ロシア/NHL=スーパースター)
18位 パトリック・マホームズ(米国/NFL=23歳スターQB)
19位 ジェームス・ハーデン(米国/NBA=年間MVP&得点王)
20位 マイク・トラウト(米国/MLB=MVP2度)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です