羽生結弦が全日本選手権欠場 回復間に合わず3年連続「非常に悔しく思います」

デイリースポーツ によると。

 日本スケート連盟は13日、11月のフィギュアスケートのGPシリーズ・ロシア杯で右足首のじん帯を損傷したソチ、平昌両五輪金メダリストの羽生結弦(24)=ANA=が、全日本選手権(21日開幕・大阪)を欠場すると発表した。羽生は16、17年大会に続き、3年連続での無念の欠場となった。

 羽生は連盟を通じて「ロシア大会から心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向けできることを尽くしていましたが、出場することができず非常に悔しく思います。今後、どうなるかわかりませんが、1日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めてまいります」と、コメントした。

 羽生はロシア杯フリーの公式練習中、4回転ループを跳んだ際に右足首を負傷。その後、フリーに強行出場し、優勝を飾ったが、その後、日本に帰国し、精密検査を受けたところ、右足関節外側じん帯損傷、三角じん帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷と診断。3週間の安静固定、その後リハビリ加療に約1カ月を要する見込みと診断され、出場権を得ていたGPファイナルの欠場を決めた。現在は練習拠点のトロントに戻っている。ブライアン・オーサーコーチはファイナル期間中に、今週中にも羽生と会い、今後について話し合う意向を示していた。

 全日本は来年3月の世界選手権(埼玉)代表最終選考会を兼ねており、代表入りのためには出場は必須とされている一方で、「過去世界選手権3位以内に入賞した実績のある選手については怪我などやむを得ない理由で全日本に出場できなかった場合、選考基準に照らし、世界選手権での状態を見通しつつ選考する」という条項も明記されている。

 羽生は16年はインフルエンザ、17年は右足首の怪我で欠場したが、16年はGPファイナル優勝、17年は世界ランクや、シーズンベストで選考基準を満たしており、同条項が適用され世界大会の代表に選出されている。今季も現段階で世界最高得点の297・12点をマーク。GPシリーズも2連勝だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です