北京五輪金を狙う紀平梨花にロシアジュニア勢の4回転は脅威となるのか?

THE PAGE によると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで優勝した紀平梨花(16、関大KFSC)が11日、大会のあったカナダから成田空港に凱旋帰国した。平昌五輪の金メダリストで向かうところ敵無しだったアリーナ・ザギトワ(16、ロシア)を下しての価値ある優勝。20日からは全日本選手権が控えているが、早くも4年後の北京五輪での金メダルへの期待の声が高まっている。だが、同時開催されたジュニアのGPファイナルでは1位から5位までをロシア勢が独占。しかも複数の有力選手が4回転ジャンプという武器を持つ。トリプルアクセルでザギトワに勝った紀平に4回転は脅威となるのか? ロシア勢との対決の構図は4年後まで続きそうだ。
紀平がザギトワに勝った2つの理由
 紀平の衝撃が止まらない。GPファイナルで“女王”ザギトワを倒した紀平の凱旋帰国に成田空港には約80人ものメディアや大勢のファンが殺到し大混乱となった。

「記者さんが、たくさんいてびっくりしました。ファイナルの優勝ということがすごく大きなことだったんだなと改めて思います」

GPファイナルでは、GPシリーズで2試合続けて出遅れていたSPで代名詞のトリプルアクセルを決めてザギトワに4.58差で首位に立った。
「今回はSPが本当によかった」
 フリーでは冒頭のトリプルアクセルで両手をつくミスを犯したものの、プログラムを急遽変更。次をトリプルアクセル+2回転トゥループのコンビネーションに変えてトリプルアクセルを成功させた。
「いつも練習の時からリカバリーの練習をしていてトリプルアクセルが決まらなかった場合は、これまでは、ダブルアクセルやトリプルトゥループにしたりしていたんですが、今回はファイナルだったので挑戦としてトリプルアクセルにしました。計算をして、ダブらないように練習していたので、それを試合でも出せました」

フランス杯でも冒頭のトリプルアクセルの連続ジャンプに失敗したが、この時は、ダブルアクセル+3回転トゥループにしていた。だが、今回は思い切って再度トリプルアクセルに挑戦して決めてみせたのである。

一方、足を痛めていたとされるザギトワはコンビネーションジャンプで3回転ルッツの後ろにつける3回転トゥループが1回転トゥループになって4点ほどを失う“らしくない”ミス。結局、紀平は2位のザギトワに6.59点差をつけてシニアデビューイヤーにGPファイナル初優勝。2005年の浅田真央氏以来、13年ぶりの快挙となった。

元全日本2位で、現在、福岡で後進の指導を行っている中庭健介氏は、ザギトワと比較して紀平には、2つの優位点があったと分析した。

「やはり、トリプルアクセルの力です。今回は最初のトリプルアクセルがダウングレードの判定になり基礎点がダブルアクセルになってしまいました。しかし、2度目のトリプルアクセルは見事に成功しました。この成功に尽きると思います。 フランス杯でも冒頭のアクセルで失敗して続くトリプルアクセルの予定を変更していました。今回はフランス杯よりも大きなミスでしたが、臆することなく大舞台で予定通りに挑んで成功した事が大きかったです。しかもしっかりとコンビネーションにするところも日々の練習の賜物でしょう」

適応力の高さが際立った。フリーで7つあるジャンプの基礎点の合計は、互いに1つずつジャンプにミスがあったが、トリプルアクセルが効き紀平は47.95、ザギトワは44.04で、3.91の差がついていたのである。
 2つ目の優位点はジャンプ後の着氷。
「もうひとつの差は着氷後のフォローの美しさです。紀平さんは流れるようなランディングを見せますが、ザギトワさんは、そこにターンやステップなどの細かい動きをすぐに入れてきます。ジャンプの前後に細かい技術を入れることが、昨シーズンから当たり前になってきていて、それは高度な技術ですが、それゆえに流れを失うケースもあります。紀平さんのジャンプに対するGOE(出来栄え点)が高いのもランディングの美しさが影響しています。正確な踏み切り、空中での軸の安定がなければ、こういうフォローはできません。紀平さんは決してトリプルアクセルだけでザギトワさんに勝ったわけではないのです」

一躍、紀平は4年後の北京五輪での金メダル候補として注目されるようになった。
ロシア勢に勝つには4回転が必要なのか?
 だが、強力なロシア勢のライバルはザギトワだけではない。4年後の北京五輪で主力になってくるジュニア世代が、今回のジュニアのGPファイナルで1位から5位を独占したのだ。
しかも、14歳のアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワの2人は4回転ジャンプを跳ぶ。トルソワはサルコウ、トゥループだけでなく、男子でも難しい4回転ルッツまで習得している。今大会では、4回転もトリプルアクセルも持たない15歳のアリョーナ・コストルナヤが、計217.98点のハイスコアで優勝。公式練習では、4回転ルッツ+3回転トゥループの連続ジャンプまで成功させていたトルソワは、本番では失敗して、計215.20点で2位となったが、彼女らが、今後、4回転の成功率を高めてくると、紀平のトリプルアクセルでは対抗できないのかもしれない。

 中庭氏は、こんな見解を持つ。

「現状では紀平さんのトリプルアクセルで十分に勝てると思います。GOEの幅も含めたルール変更により、ジャンプの難易度や種類を競うよりも、ひとつひとつのジャンプの完成度、演技トータルの芸術性、作品性が高く評価される傾向にあるからです。逆にミスした場合には得点が伸びません。しかも、現在は、女子ではSPで4回転は禁じられています。フリーだけの4回転で、しかも、失敗率の高いジャンプでは、それほど大きなアドバンテージにはなりません。ただし、4年後となるとまだ不確定要素が多いということも頭に入れておかねばなりません。そう考えると今の段階での北京五輪の展望を予想することは難しいのです」

中庭氏が言う不確定要素とは、今後のルール変更や、現在16歳の紀平や、ロシアのジュニア世代の、この先4年間の成長度にある。女子フィギュア選手につきまとう肉体の変化という超えなければならない壁。ザギトワも7センチ身長が伸びたため、技術の修正が追いついていないという指摘まである。

「今後、ルール改正や流れにより、女子のSPでの4回転が認められたり、ジャッジの傾向が変わる可能性も考えられます。それでも紀平さんは4回転を十分に跳べる可能性を持つ選手でしょう。すでに練習しているとも聞きます。ルールが変わってもロシア勢に対抗できると思います。ただロシアの選手層を考えると4年後にはまた新しい人材がポンと出てくるのかもしれません。そして、さらなる問題は紀平さんが、今後出てくる肉体の変化に、どう対応するのか、という課題です。女子は思春期に大きく成長しますし、ウエイトコントロールの問題もあり、怪我のリスクがつきまといます。4回転ジャンプは肉体へのダメージが大きい技術ですからなおさらです」と、中庭氏は危惧している。

最大のライバルであるロシア勢との争い、そして紀平自身の内なる戦いも北京五輪まで続くのだ。

紀平は、この日、北京五輪について聞かれ 「もし五輪に出られたとして、もっと緊張したり、重圧も感じると思います。緊張感にも打ち勝って試合にもっともっと強くなりたいです」と力強く言い切った。前しか向いていない。

まずは、20日(女子シングルSPは21日)から大阪で始まる全日本選手権。来年3月の世界選手権の選考会を兼ねる。

「全日本で今回の反省点を踏まえてさらに良い成績を残せるように、世界選手権にも出られるように頑張りたいです。頑張って大晦日にお姉ちゃんと遊びに行けたらなと思います(笑)」
 笑顔の16歳にニューヒロインに気負いはなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です