紀平梨花「笑顔で終われる試合に」初優勝に意気込み

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート女子でシニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)が20日、初優勝が懸かる全日本選手権(21日開幕)に向けて、会場の大阪・東和薬品ラクタブドームで公式練習に臨んだ。

12月上旬のグランプリ(GP)ファイナル(カナダ・バンクーバー)で初優勝を飾った新星は「グランプリファイナルの疲れが取れて、いい状態で臨める。笑顔で終われる試合にしたい」と意気込んだ。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は14本跳んで、6本の成功。ショートプログラム(SP)「月の光」をかけての通しでは3回転半、フリップ-トーループの連続3回転、3回転ルッツとジャンプを全て成功させた。

女子SPは21日、フリーは23日に行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です