ザギトワが取材拒否… まさかの陥落に露メディアも驚き「動きはボロボロで混乱」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、年下のジュニア勢に表彰台独占を許した女王に対し、ロシアメディアも「彼女の動きはボロボロで混乱していた」と驚いている。

 サランスクのリンクに激震が走った。ザギトワはジャンプで2度転倒するなど精彩を欠き、131.41点止まり。SPは唯一80点超えで作ったリードをフイにし、逆転を許した。しかも、上位3人をジュニア勢に独占され、表彰台に上がることができず。昨季まで世界を牽引したメドベージェワも7位に終わり、まさかの展開となった。

 ロシアメディアも驚きを持って伝えている。「sports.ru」は「ザギトワが壊れた。2度の転倒、フリー12位。ロシアでメダルなし」と報じ、「彼女は2度転倒した。彼女の動きはボロボロで混乱していた」と言及。技術点は61.18点で合計13位だったマリア・タラライキナの62.36点を下回ったことも伝えている。

 ニュースサイト「Championship.ru」はザギトワがフリー後にミックスゾーンに現れず、取材対応を拒否したことを紹介。1月の欧州選手権の代表権争いに言及し、出場資格のあるシニア選手で最上位4位のコンスタンティノワとともに選出は確実としたが、残す1枠は6位のサモドゥロワ、7位のメドベージェワとともに、今大会を肺炎で欠場したトゥクタミシェワが争うとしている。

 GPファイナルに続いて優勝を逃し、失意の12月を過ごしたザギトワ。しかし、まだシーズンは続く。輝きを取り戻す時間は残されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です