キッチンだけでも7通り!100円フックを使い分けて狭いスペースも快適に

ESSE-online によると。

キッチンが狭くて収納スペースがたりない…そんな悩みは、便利グッズで解消しませんか?

キッチンだけでも7通りの使い方をしているというまいさんに、実例を見せてもらいました。
キッチンだけでこんなにも!フックで収納がぐんと便利に
ものをつるしたり浮かせたりするのに便利なフック。今では100円ショップでも、さまざまなサイズやデザインのものが手に入ります。
フックといっても、「S字」「粘着」「マグネット」など、種類もいろいろ。用途ごとに使い分けるのがポイントです。
ここではキッチンで実際に使っている様子をご紹介します。

●計量カップ
キッチンだけでも、フックの使い道はさまざま
調味料と一緒に使うことの多い計量道具を、同じ引き出しに収納しています。
小ぶりな粘着フックを引き出しにつけて、計量カップの定位置に。デッドスペースを有効活用できます。
●食洗機のホース
食洗機のホースが蛇口から伸びていおり、そのままにしておくと下について掃除が面倒。なので、吸盤フックで浮かせています。
●スポンジ
食洗機のホースのつけ根に、食器用スポンジのフックをかけています。
水をきりながら邪魔にならずに収納が可能。
●水筒用ブラシ
キッチンだけでも、フックの活用場所はこんなにたくさん!
無印用品のアルミタオルハンガーと専用のフックに、水筒用ブラシをつるしています。
おたまやフライ返しなどのキッチンツールをつるしてもいいですね。

●排水口掃除ブラシ
窓枠につっぱり棒をつけて、フックをかけ、排水口の掃除専用のブラシを引っかけ収納。毎日使うものなので、乾かしながら収納できるのが便利です。
●ゴミ袋ストック
ゴミ袋のストックをトートバッグに入れて、ゴミ箱の横のフックに下げています。
使う場所の近くにストックをおけば、交換もスムーズです。
●バナナ
直置きすると傷みやすいバナナ。専用のバナナハンガーもありますが、場所を取ってしまいます。
そこで、キッチンツールを収納しているラックにフックをかけて、引っかけています。目につくので食べ忘れることもありません。
●フック使いのストレスをなくすポイント
つるしてあるものを取るたびにフックが外れてしまうと、ストレスに。
ペンチで幅を狭めておくだけで外れにくくなり、格段に使いやすくなりますよ。
キッチンだけでも、たくさんの使い道があります。
上手にフックを取り入れて、収納スペースを増やしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です