「復帰して、中居に言われたひと言にジンときた」完全復活したヒロミが大切にしてきたもの

新R25 によると。

「実はオレ、生き急いでたんだよね」
ヒロミさん。

『ウチのガヤがすみません!』『火曜サプライズ』(日本テレビ)、『東大王』(TBS)などの番組でMCを務めるなど、現在バラエティ番組で見ない日はないほどの大活躍です。

そんなヒロミさんがかつて芸能界から離れ、表舞台から姿を消していたのは有名な話。しかもその期間約10年…!

なぜ第一線から離れ、そして復帰することができたのか?これまでヒロミさんが大切にしてきたもの、そしてR25世代へのアドバイスをお届けします!

〈聞き手:天野俊吉(新R25編集部)〉

【ヒロミ】1965年東京都八王子生まれ。1986年、コントグループ「B-21 SPECIAL」を結成。1993年に歌手・タレントの松本伊代と結婚。2005年に加圧トレーニングジムをオープン
「内臓が一個ない。すぐ死ぬんじゃないか」生き急いでいた 20代
天野:
まずは80~90年代、芸能界で活躍されてたころのことを教えてください!

ヒロミさん:
要はオレ、生き急いでたんだよね。18歳のころに車で交通事故おこして死にかけて、脾臓が破裂して摘出されちゃったの。

「内臓が一個ない」って思ったら、すぐ死ぬんじゃないかと思って焦っちゃったのかな。20代後半で独立して事務所つくったり、レギュラー番組を何本もやったり、とにかくめちゃくちゃ働いた。

まわりの共演者にも“本気”を求めちゃうし。

天野:
「100%やれ」と。

ヒロミさん:
いやいや、100%なんかじゃイラついてたよ。200%やれよ!ってみんなに思ってた。

ただ、最初はみんな面白がってくれるけど、何年かすると「もうちょっと丸くなったほうがいいんじゃないか」「もうちょっと大人になってもいいんじゃないか」って言われるようになったんだよね。

天野:
それができなかったのはなぜなんでしょうか?

ヒロミさん:
そうやって強がるのが“自分の味”だと思ってたからさ。「それがなくなっちゃったらオレじゃなくなっちゃうんじゃないか」って。

強めのツッコミとか言い方とか、20代から同じスタイルでやってきてると、急に「時代と合ってない」なんて言われても受け入れられないんだよね。

天野:
一時期、堺正章さんに失礼な態度を取って“干された”みたいなウワサを聞くこともありましたが…

ヒロミさん:
それ、ホント面白いよね(笑)。面白がって否定しなかったらけっこう広まっちゃったんだけど。

失礼も何も、おれは堺センセイにもずっとタメ口だったし、先輩にも「おじさん(ビートたけし)」「おい、森田(タモリ)」なんて呼んでたからね。それでいい関係ができてるから大丈夫なんだよ。

天野:
そんな大御所に…かわいがられるコツとかがあるんでしょうか?

ヒロミさん:
エライ人をイジるにしても、側近の顔を見たら限界点がわかるんだよね。

本人をイジって笑いを取りながら、視界のはじっこで付き人の顔を見て、笑顔がなかったらやめとかなきゃいけない。

天野:
なるほど…まわりにウケてるからいいわけじゃないと。

ヒロミさん:
あと、普段から本気でタメ口きいてるから面白いんだよ。

一時期タメ口キャラの女の子がいっぱい出たけど、もうあんまり残ってないでしょ(笑)。カメラの前でだけ無理してやってる子は、タメ口きかれてるほうも面白くないし、続かないんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です