admin のすべての投稿

大谷翔平の新人王は「100年以上受け継がれる」 二刀流での受賞に米記者最大級賛辞

THE ANSWER によると。

 メジャーリーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。チームメートやファンから続々祝福を浴びていた大谷だが、米記者も「100年以上受け継がれるものだ」と伝説的な二刀流での活躍を改めて称えている。

 大谷は今季、打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点、OPS.925、10盗塁、また投手としても10試合に登板し、4勝2敗、防御率3.31という投打に好成績をマーク。30人中25人から1位票を投じられ、次点のヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手に大きな差をつけ、文句なしでの受賞を果たした。

 エンゼルスで新人王を獲得するのは1993年のティム・サーモン氏、2012年のトラウト以来となる3人目。ベーブ・ルース以来となる「15本塁打&50イニング登板」を果たすなど、“ルース以来”という言葉で何度も語られ、一世紀前のかつての伝説の存在を現在によみがえらせた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニは歴史に残るシーズンを締めくくった。二刀流選手という、100年以上も受け継がれるものだ」とツイート。「ショウヘイ・オオタニは特大の可能性をもってエンゼルスに入団し、全米を支配してきた」ともつづり、最大限の賛辞を送っている。

 前人未到の二刀流への挑戦は、米国でも格別な存在感を放っていたようだ。

宇野昌磨、NHK杯初優勝…4季連続GPファイナル出場決めた

スポーツ報知 によると。

 男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリーに挑み、SPで転倒した4回転トウループなどを成功させ、183.96(技術点94.18、演技構成点89.78)で合計276.45点でNHK杯初優勝し、4季連続のGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。

 宇野は冒頭の4回転サルコーを成功させると勢いに乗り、続く4回転トウループも成功させた。最後は満員の観客から拍手が沸き起こり、ほっとしたような表情で笑顔を見せていた。

紀平梨花、決意通りの衝撃デビュー 「美しい嵐」を実現

朝日新聞デジタル によると。

 滑り終えた瞬間、スタンディングオベーションが紀平梨花(関大ク)を包んだ。あの荒川静香も、浅田真央も、安藤美姫も、同じ浜田美栄コーチに指導を受ける宮原知子も達成できなかったGPシリーズ初挑戦で初優勝。16歳が新時代の扉を開いた。

 「トリプルアクセル(3回転半)を決める」

 SPで失敗し、5位発進だった紀平は、ここに集中した。女子では高難度で跳べる選手が少ないジャンプをフリーの構成に2本入れた。冒頭、トリプルアクセルからの連続ジャンプを決める。2本目のトリプルアクセルも成功。沸き立つ客席の声援を味方に最後まで完璧に滑りきり、「自分の中に一生残る」。

 シニア1年目。今季のフリー曲は、「ゴロゴロゴロ!」という激しい雷鳴で始まる「ビューティフルストーム」を採用。「波とか、雷の音で、すごいパワーにあふれた地球の誕生っていうイメージ。美しい嵐のつもりです」。稲妻が入った衣装も自分がデザインを提案した。衝撃的にシニアデビューする、という決意を込め、まさに、思い描いたストーリーを実現させた。

元女王トゥクタミシェワ首位、過激エキシビに期待と不安の声「NHK的にセーフ?」

デイリースポーツ によると。

 女子SPが行われ、元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が、トリプルアクセルを成功させ、76・17点で首位発進。スケートカナダに続く連勝に向けて、好発進を決めた。日本勢では先月のスケートアメリカで優勝している宮原知子(20)=関大=は76・08点で2位につけた。

 今季復活を遂げた元世界女王が圧巻の演技で、首位に立った。冒頭のトリプルアクセルをGOE(出来栄え点)で2・06点の加点がつく内容で成功。他の要素をしっかりまとめきり、同じく完ぺきな演技だった宮原を0・09点差で抑えた。スケートカナダから中1週での参戦。日本での移動もあり「カナダより緊張していたし、よく眠れなくて眠かった」と、万全ではなかったが、「今日はよく滑ることができたと思う」と、納得の表情でうなずいた。「今季は五輪が終わって新ルールになって、新しい道が開けた。このルールなら他の選手と競争できる」と、手応えを深めている。

 上位が見えてきた中で、ネット上ではエキシビションについて期待と不安に入り交じった声が上がった。トゥクタミシェワの今季のプログラムはブリトニー・スピアーズの「トキシック」。キャビンアテンダント風の胸もとが開けた衣装で登場し、クリムキンイーグルとともに上着を脱ぎ捨て、下着のような衣装になるという過激なもの。「セクシーなエキシビが観れそう」という主旨の期待の声とともに、「NHK的にセーフなんだろうか」という主旨の、公共放送でのオンエアを不安視する意見も見られた。絶好調な演技を見せ続けるロシアの21歳から目が離せない。

無印良品だけにあらず! あのジョーダンはパクリ中国に「連敗中」

クーリエ・ジャポン によると。

パクリ大国の中国で、耳を疑う判決が下っていたことがわかった。「MUJI」「無印良品」ブランドを世界展開する良品計画が、中国のパクリ企業に商標権の侵害で訴えられ、敗訴したのだ。

「先に登録したもん勝ち」の中国では、NBAのスター選手だったマイケル・ジョーダンも、自身が起こした商標権訴訟で負け続けている。まさに、悪貨が良貨を駆逐する状況となっている。

上海にある無印良品の世界旗艦店。2015年のオープン時は長蛇の列ができ、入場制限がかかった Photo: VCG / VCG / Getty Images
良品計画現地法人は「徹底的に争う」
香港のニュースメディア「am730」がスクープした内容によると、知財問題を専門に扱う裁判所の北京知識産権法院は2017年12月、無印良品と同社の中国法人、無印良品(上海)商業が「『無印良品』の商標を原告の許可なく一部商品に使用していた」と判断、62万6476人民元(約1026万円)の損害賠償金の支払いと、公式サイトおよび中国実店舗で30日間の謝罪文を掲示するよう求める一審判決を下した。

信じがたい判決だ。「無印良品」が、世界に誇る良品計画のオリジナルブランドだということは疑いようもない。なぜ同社が中国企業に商標侵害の賠償金を支払わなくてはならないのか。

実は、原告の中国繊維製品メーカー・北京棉田紡績品が良品計画に先んじ、商標分類の「第24類」に該当するバスタオルやキッチンマット、ベッドカバーなどの布製品に限って、中国で「無印良品」の商標権を取得していた。良品計画は2005年に無印上海を設立し中国事業をスタートさせたが、北京棉田の商標権取得はそれより早い04年だ。

北京棉田は「良品計画がウチの許可を得ず、これらの布製品を『無印良品』として中国で販売しているのは商標権の侵害だ」と主張し、販売の差し止めを求める裁判を起こした。裁判所によると、北京棉田の商標権は2024年4月27日まで有効という。

良品計画の広報担当者は、「ただちに控訴し、現在は第二審の審理が継続中。当該判決は確定していず、損害賠償を支払ったという事実もない」と憤りを隠さず、徹底的に争う構えを見せている。