admin

1月 282017
 

Fashionsnap.com によると。

 「イケア(IKEA)」を日本で展開するイケア・ジャパンが、家具の下取り・還元サービスを1月19日にスタートする。対象店舗は、開始準備中の「イケア 立川」と対象外となる「イケア タッチポイント 熊本」以外の全国の店舗。

日本上陸10周年のイケア、Eコマースを2017年夏までに導入へ

 同社は、昨年2月から「イケア 新三郷」をパイロットストアとして家具の下取り・還元サービスを開始。約1年を経て、全国展開することを決めた。利用方法は、イケアのウェブサイト上の査定申請フォームで対象家具の画像とともに申請した後、イケアから査定額やその有効期限、持ち込み方法などをメールで通知。組み立てたままの状態で家具を持ち込み、引き取りと同時にイケアで利用可能なプリペイドカード「リターンカード」で金額を還元する。他社製品やガラスが含まれる製品、屋外で使用された家具、ベビー用家具、ベッド・マットレス、3辺の長さが合計4メートルを超える収納家具などは対象外となるが、それ以外の屋内で使用されたイケア製の家具は受け付ける。下取りした家具はメンテナンスした上で、イケアのアウトレットで販売。なお、「イケア 新三郷」では下取りした家具のうち92%が再販されており、同社が目指すサステナビリティへの取り組みを実現している。

 Posted by at 11:44 PM
1月 282017
 

週刊SPA! によると。

 昨年から「ジョガーパンツ」が大流行しています。裾まわりがキュッとすぼまった形状で裾がバタバタせず動きやすい「スポーツウェア」からくるトレンドアイテムです。老若男女に幅広く受け入れられていて、もはや「定番」といっていいでしょう。

 たとえば、ユニクロのパンツコーナーに行けばジョガーだらけ。裾が細くゴムが入った形状で、デニム素材、チノ素材、スラックス素材と実にさまざまです。

 そもそもなぜジョガーパンツがここまで流行したのか? それは「裾がキュッと細く足首が露出する丈」だからです。パンツのシルエットは「裾」が最重要。視線が止まりやすい「先端」である「裾」が「細いか太いか」で「全体」の印象が決定されます。ジョガーパンツが流行った背景には「ウエストやモモなどはゆったり楽チンなのに、『全体』のシルエットがなぜか細くキレイに見える」ということにあります。裾が細くなっていること、短丈で足のもっとも細い箇所である「足首」が露出している状態になることによって、勝手に細みシルエットに見えるのです。

 さて、そんなジョガーパンツ、今ユニクロに行ってみるとあまりにも数が多くてどれを手にとっていいのやら迷ってしまうでしょう。同じジョガーとはいえ、そこは千差万別です。イマイチなものもあれば良品もあります。今回はユニクロのイチオシ「ジョガーパンツ」のなかでも、買ってはいけないものとぜひ買うべきアイテムをそれぞれ紹介しましょう。

▼デニム素材の「ジョガーパンツ」は買ってはいけない!

●UNIQLO ジョガーパンツ(デニム・レングス69~73cm)1990円(+税)

 われわれ日本人には、「デニムは使いやすい」「デニムは何にでも合う」という根拠のないデニム信仰があります。アメカジの影響を過大に受けている日本において、代表アイテムである「デニム」をとにかく愛用、重用してしまうのです。もちろん「デニム」自体は悪いものではありません。しかし、ことジョガーパンツでデニム素材を選ぶのは考えものです。先ほど説明したとおり、ジョガーパンツはスポーツウェア由来のトレンドでそもそも「カジュアル」なもの。カジュアルなデザインパンツにさらにカジュアルなデニム素材を組み合わせてしまうと、「子供っぽい印象」に直結します。

 ユニクロの通販サイトでは身長体重が完璧に整っているモデルの着用画像が掲載されているので違和感はありませんが、実際私などが着用すれば実に子供っぽくて安っぽく、まず見られたものではないでしょう。もちろん着こなしで払拭することはできますが、「デニム素材のジョガー」という存在そのものがカジュアルすぎてバランスをとりにくいのです。少なくとも「何でも合わせられる」といった類のアイテムではありません。なにもわざわざ最初の「ジョガーパンツ」として選ぶべきものではないでしょう。

▼カジュアル素材の「ジョガーパンツ」を買ってはいけない!

●UNIQLO ジョガーパンツ(コットン・レングス68~72cm)1990円(+税)

 「色落ちデニム」よりはカジュアルな印象が薄いヴィンテージライクなコットン素材。ミリタリーにおける「パラシュートパンツ」のような印象となっていて、それなりに使いやすそうではあるものの……やはりジョガーパンツのカジュアル感と素材のラフさがマッチしすぎて「子供っぽい印象」になります。

 ファッションコーディネートにおいて「Too Much」という言葉をよく使います。「やりすぎ」「過度」という意味ですが、ファッションコーディネートにおいて「トゥーマッチ」は危険です。デザインがカジュアルなら素材は大人っぽいものを、素材がカジュアルならシルエットは大人っぽいものを、といったようにどこかで「バランス」をとってみせることがファッションにおいては重要なのです。それを私は「ドレスとカジュアルのバランスは7:3」と表現していますが、「トゥーマッチ」にならないよう、「ジョガーパンツ」では「カジュアル素材」は避けたほうが無難なのです。

▼買うべき「ジョガーパンツ」はヘリンボーン

●UNIQLO ジョガーパンツ(ヘリンボーン・レングス69~73cm) 990円(+税)

 一方こちらは、「Too Much」を避けた素材とデザインの組み合わせです。スーツなどでも活用されるクラシックなヘリンボーン素材を使ったジョガーパンツがこちら。ヘリンボーンは表面に表情のある素材なのでモノトーンや無地モノで組み合わせても「地味」になりにくい。かつ「トゥーマッチ」にならないようドレカジのバランスも単体でとれており使いやすく、また地味な印象にもなりにくい。

「ユニクロのヘリンボーン素材なんてたかがしれている」と思うかもしれませんが、肉感のある風合いでかなり高級感があります。これから春先にシンプルなニットなどと合わせても十分おしゃれにまとまるでしょう。

▼買うべき「ジョガーパンツ」は遠目スラックス

●UNIQLO ジョガーパンツ(ウルトラストレッチ・レングス76cm) 1990円(+税)

「え? これスポーツ素材だからトゥーマッチなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実物を見るとよくわかります。確かに機能的なストレッチ素材ではあるのですが、実際の素材感はツヤ感もあり真っ黒の風合い、着用時遠目にはスラックスのように感じるのがこのパンツの特徴です。

 裾はゴムが入っていてカジュアルな印象だけど、素材は「遠目」にはスラックス。そしてストレッチ素材だけに履き心地がいいという。しかもこの素材、これから暖かい時期春先にもまったく問題なく使える厚さ。白Tシャツなどで合わせるだけでも「カジュアルなTシャツ」に「スラックス」といった合わせでおしゃれにまとめられます。買うならこんなふうに「機能面」「バランスのよさ」どちらもおさえたものがオススメです。

 市場に数あるジョガーパンツ、今回の内容を参考にぜひ良品を手にとってみてください

 Posted by at 11:24 PM
1月 212017
 

AFP=時事 によると。

海洋動物の鳴き声か、外国の潜水艦か、それとも幻聴なのか──北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、海底から複数回にわたり奇妙な音が確認され、地元住民を困惑させている。異音の発生後に地域に生息する動物の姿が見えなくなったとの報告もあり、軍は19日、パトロールの実施とともに音響の専門家らを派遣し、調査を実施すると発表した。

 異音が確認されたのは昨年末。イグルーリック(Igloolik)村に暮らす先住民イヌイット(Inuit)の猟師らが、北西航路(Northwest Passage)とハドソン湾(Hudson Bay)の間に位置するフューリー・ヘクラ海峡(Fury and Hecla Strait)の沖合でビープ音を複数回耳にした。

 この海域では通常、イッカクやホッキョククジラ、ワモンアザラシ、アゴヒゲアザラシなどが頻繁に姿を現すが、猟師たちによると昨年から動物たちの姿が見られなくなったという。

 地元ヌナブト準州(Nunavut)のポール・クアッサ(Paul Quassa)議員は、「動物がまったくいなくなった」と述べ、異音が原因との見方を示した。

 最初に異音を報告した猟師らと共に現場を視察したクアッサ議員によると、正体が何であれ、音は「海底から聞こえ」、また大きかったという。

 カナダ軍は昨年11月、センサー装置を搭載した哨戒機を出動させたが、異音は確認されなかった。しかしイヌイットからの懸念の声を受け、軍は音響の専門家2人を現地に派遣し、今月25日から2月2日まで実施される予備役兵によるパトロールに参加させるという

 Posted by at 5:41 PM
1月 182017
 

週刊文春 によると。

 中居正広らSMAP独立組のメンバー4人が、ジャニーズ事務所と契約を更新するか否かに注目が集まる中、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏が昨年12月21日、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に就任したことが「週刊文春」の取材により明らかとなった。

 飯島氏は2011年、SMAPが北京でコンサートを開催したのをきっかけに、ラオックスの羅怡文社長夫人と親密な関係となった。

「羅社長は中国の政界や芸能界にも太いパイプがある。そのような背景から飯島氏が4人と合流したうえで、中国進出を計画しているという話が浮上しています。実は、ジャニーズを退所した元KAT-TUNの赤西仁が現在、中国でコンサートツアーやドラマ出演などを果たし、大成功を収めているという前例もあるのです。ジャニーズサイドはもう4人をコントロール出来ないというのが実情で、すべては本人たちの腹次第だと言える」(大手プロ幹部)

 新会社の会社登記情報を見ると、目的の欄には〈日本コンテンツの海外発信事業〉〈映画製作〉が含まれており、中国芸能界への進出をうかがわせる。

 飯島氏はジャニーズを退社後も、田辺エージェンシーの田辺昭知社長やケイダッシュの川村龍夫会長ら芸能界の大物との接触を続けていた。飯島氏や田辺氏への直撃取材の内容も含め、SMAP独立計画をめぐる詳細は1月19日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

 Posted by at 9:48 PM
1月 172017
 

時事通信 によると。

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は17日、女子の浅田真央(中京大)が今季後半戦の国際大会に出場しないことを明らかにした。浅田は昨年の全日本選手権で12位に終わり、3月末開幕の世界選手権(フィンランド)や2月の四大陸選手権(韓国)、札幌冬季アジア大会の代表入りを逃した。日本連盟が選手派遣を予定している残り二つの国際大会にも出場を希望しなかったという。

 浅田は平昌五輪のある来季も現役を続ける意向を示している。小林強化部長は「今はゆっくりしていると思う。来季に備えてほしい」と話した。

 Posted by at 7:14 PM
1月 162017
 

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート選手で女優の本田望結(12)が初主演するテレビ朝日のスペシャルドラマ「探偵少女アリサの事件簿」(28日後9・00)の放送前イベントが15日、東京・六本木の東京ミッドタウン芝生広場特設リンクで行われた。

 本田は共演の名取裕子(59)と田中圭(32)が待つリンクに華麗なスケーティングを見せながら登場。「探偵役はやったことがなかったので、たくさん勉強させてもらいました」と満面の笑みであいさつした。

 名取は本田の演技をフィギュアの採点になぞらえて「構成点、技術点ともに満点。まず集中力が凄いし、セリフも完璧」と絶賛。本田が「きのう(14日)は中学受験でした」と学業にも力を入れていることを明かすと、名取は「神ってる!」と目を丸くしていた。

 Posted by at 10:28 PM
1月 142017
 

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートANAの城田憲子監督は羽生が拠点のカナダ・トロントで本格的な練習を再開したことを明かした。

 インフルエンザで昨年12月の全日本選手権を欠場。年末年始は国内で過ごし、今月上旬にカナダへ戻った。次戦の四大陸選手権(2月16日開幕、韓国・江陵)に向けて「振り付けの調整をして、いい練習ができている」と語った。羽生は表彰式には参加せず、ビデオ出演した。

 Posted by at 1:53 PM
1月 132017
 

dot. によると。

 女子シングルはいま、かつてないハイレベルな銀河系大戦を繰り広げている。女子の大台である総合200点を大幅に超える、210点から220点台の選手が、昨季世界選手権では5人となり、今季ISUグランプリファイナルではさらにもう1人が210点台に乗せた。ソチ五輪で210点以上をマークした3選手はこの2戦に出場しておらず、先頭集団全体のアップグレードを感じさせた。

 上位陣が限られている男子とは違い、女子が多数の混戦になっている理由は、ジャンプの回転数が同じであり、その加点にも差が生じにくいところにある。3アクセル(3回転半)ジャンパーを除き、皆が3回転ジャンプをショートとフリーで計10本構成する。加点も、4回転の満点は3点だが3回転は2.1点で、女子の場合は満点が取りづらく、高くても1.5点前後で横並びになる。

 微に入り細に入り得点を上げる工夫を施し、己に磨きをかけて演技構成点を高め、“失敗をしない”。来年2月の平昌五輪に向け、女子上位陣の極限の争いに拍車がかかっている。日本女子は、世界に対し今後どのような戦いを見せるだろうか。200点クラスのトップランナー達の今季前半を振り返る。

 全日本3連覇の宮原知子(18)は、ロシアの世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17)の世界記録へのスパートに離されず追走している。メドベージェワの総合得点「227.66」に次ぎ今季競技者中2位、史上4位の自己ベスト「218.33」を誇るミス・パーフェクト。あらゆる技術の精度は、演技の一瞬一瞬を流麗に魅せる。

 全日本2年連続2位の樋口新葉(16)は、怪我に苦しむシーズンが続くなか、持ち前の覇気と疾駆する滑りで異彩を放ち、表現面の成長も見せている。高い加点を得られる樋口のビッグジャンプが決まれば、210点台の先頭集団に加わることも可能だ。

 全日本3位三原舞依(17)も、樋口と共に200点を目前にしている。昨季の関節炎での休養を経た今季、スケートへの情熱で光り輝いている。基礎となる滑りを評価される本格派。当の本人からは口を開けば謙遜しか出て来ないが、そのスケーティングは世界中の目を奪っている。今後の日本女子を担う逸材が開花した。

昨季世界選手権で200点に迫った本郷理華(20)は、全日本のショート2位で折り返すもフリーでジャンプに失敗し、今季の四大陸選手権と世界選手権の代表を逃した。しかし、豪快なジャンプと長身を生かしたダンスで、インパクトは健在だった。

 ジュニアは、宮原を指導する濱田美栄コーチ率いる“濱田組”がポテンシャルの宝庫となっている。「関西大学たかつきアイスアリーナ」を拠点にし、全日本4位の本田真凛(15)、3アクセルジャンパーの紀平梨花(14)ら、色とりどりの選手が切磋琢磨する。

 パフォーマーとしての器量や滑りと踊りの技量を持つ本田真凛は、ジュニアながら魅せるビジュアルを創り出している。200点はすぐそこだ。宮原と樋口に次ぐ日本女子3位のシーズンベスト「194.24」をマークした紀平は、「全6種類の3回転ジャンプ8本」をフリーで成功させ、女子シングル史上初の偉業を達成した。7月21日が誕生日で、平昌五輪出場には21日遅生まれだが、来季にかけて世界を驚嘆させるだろう。

 今季前半に怪我で低迷した浅田真央(26)は、日本女子2位の自己ベスト「216.69」で他を引き離している。全日本では、3アクセルともう1つの切り札3フリップ+3ループに挑んだ。これらが決まれば、ジャンプの得点で世界の群を抜く。そして、希望に懸ける浅田真央の疾走は、平昌五輪まで私達に夢を与えてくれる。

 宮原と樋口と三原は、五輪と同時期の2月中旬に同会場で開催される四大陸選手権で北米勢と相見え、3月末の世界選手権では五輪出場選手枠最大「3」をかけて、最強ロシア勢を含む先頭集団との頂上決戦を共に戦う。選手達のたゆまぬ精進を応援してほしい

 Posted by at 9:09 PM