admin のすべての投稿

ネット上で突如空前のサメぬいぐるみブーム襲来 イケア「12月下旬は売上1.5倍」

ねとらぼ によると。

 2018年末からイケアで販売されているサメのぬいぐるみが謎の大ブームとなっています。謎と言いつつ、眺めているとジワジワかわいく見えてくる不思議。

 商品名はスウェーデン語でヨシキリザメを意味する「ブローハイ」。サメのシャープな格好良さと、ぬいぐるみとしての愛らしさが同居する絶妙なデザインになっており、サイズは長さ1メートルとなかなかの迫力です。この大きさにもかかわらず価格は1799円とリーズナブル。

 日常空間に置くとインパクトが抜群で、Twitterではなぜか食卓の椅子に礼儀正しく着席しているサメや、オフィスの会議室でずらっと並べられたサメなど、どこかシュールなシチュエーションで撮影された画像が人気。

 またイケア店頭でもユニークな展示がされているようで、正月風に正装をしたサメや、子ども用ベッドで寝かしつけられているサメの画像なども拡散されています。

 「Yahoo!リアルタイム検索」で確認すると、日本で話題になりはじめたのは2018年12月27日。29日には1万1700件以上のツイート数を記録し、その後2019年1月3日に8000件、10日に1万6600件と繰り返し劇的な伸びを見せています(「サメ IKEA」のワードで1月10日に検索)。

 12月27日に発端となったツイートは、海外で話題になっていた写真を紹介する形で投稿されたもの。公演のベンチでマフラーを巻きコーヒーを飲むサメの写真や、お店のショッピングカートに大量につめられたサメの写真などが爆発的に拡散されました。

 とどまるところを知らないサメの盛り上がり。この空前のブームについて、イケア・ジャパンに聞いてみました。
イケア「12月下旬は売り上げ個数が1.5倍に」
――日本でのブームは把握されていますか?

広報:存じ上げております。昨年(2018年)、ロシアのインスタからじわじわと人気が広がり、現在多くの国で話題になっていると聞いています。

――昨年末から日本でのサメのぬいぐるみの売上に変化はありますか?

広報:12月下旬は売り上げ個数が1.5倍に伸び、特にオンラインストアでの売り上げが上位になりました。

――サメのぬいぐるみはいつごろから販売しているものなのでしょうか? 一度販売終了したものの、署名活動によって復活したという話もありますが。

広報:署名活動についての記録がなく弊社では認識しておりません。レッツプレイキャンペーン用の商品として2016年10月~2017年2月まで展開。大変人気だったので2017年10月に通常商品として復活しました。

・・・・・

 ネット上では署名活動を受けて販売中止を撤回したとの情報もありましたが、イケアによると当初から人気の商品で、2017年10月には通常商品として定番のアイテムになっていたとのこと。

 昨年12月下旬時点で売り上げが1.5倍に伸びたそうですが、現時点でTwitter上での言及数のピークは1月10日であることから、今後さらに販売数を伸ばしてきそうです。

浅田真央が六本木でスケーティング!「不思議な感覚」

TOKYO HEADLINE WEB によると。

 フィギュアスケーターの浅田真央さんが7日、 東京ミッドタウンに登場した都内最大級の屋外スケートリンク「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」のオープニングイベントでパフォーマンスを披露、「都心の六本木で滑るのが不思議な感覚。普通に歩くのとは違う、スケートリンクでしか味わえない感覚があると思うので、ぜひ一度滑ってみてほしい」と話した。

 青空下のスケートリンク。浅田さんは「いつもは見上げると天井があるのに…今日は天井がなくって。外で滑るのは解放感があっていい」と笑顔を見せると、無良崇人さんや浅田が全国で展開しているアイスショーツアー「サンクスツアー」の参加メンバー6人と一緒に滑走した。

 2人は小学校3年生からの知り合いで幼なじみともいえる存在だといい、浅田さんは「むらっちの存在はすごく大きい。一緒にツアーを盛り上げていきたい」とコメント。

 無良さんは「ツアーを初めてから、真央主導でみんなを引っ張っていくような一面を見ることができた。現役時代はまおの活躍を応援することしかできなかったので、必要としてもらえる分、がんばりたい」と語った。

 浅田さんは年末年始をどう過ごしていたか聞かれると、「断捨離。洋服がほとんどだったが、ゴミ袋20袋分くらいは捨てた。捨てるのに悩むようなものはなかった。今はとてもすっきりしています」と笑顔。

 2019年のプライベートな目標についても聞かれ、「2019年はサンクスツアーで全国を回るので、そのことばかりになりそう。でも、ツアーで沖縄に行けるのが楽しみ。ソーキそばやゴーヤチャンプル、サータアンダギーなど食べたい」と話していた。

「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」は、今年で10年目を迎えた都内最大級、かつ本物の氷で滑れる屋外スケートリンクで、夜はイルミネーションの中でナイトスケートを楽しむこともできる。3月3日まで。

キッチンだけでも7通り!100円フックを使い分けて狭いスペースも快適に

ESSE-online によると。

キッチンが狭くて収納スペースがたりない…そんな悩みは、便利グッズで解消しませんか?

キッチンだけでも7通りの使い方をしているというまいさんに、実例を見せてもらいました。
キッチンだけでこんなにも!フックで収納がぐんと便利に
ものをつるしたり浮かせたりするのに便利なフック。今では100円ショップでも、さまざまなサイズやデザインのものが手に入ります。
フックといっても、「S字」「粘着」「マグネット」など、種類もいろいろ。用途ごとに使い分けるのがポイントです。
ここではキッチンで実際に使っている様子をご紹介します。

●計量カップ
キッチンだけでも、フックの使い道はさまざま
調味料と一緒に使うことの多い計量道具を、同じ引き出しに収納しています。
小ぶりな粘着フックを引き出しにつけて、計量カップの定位置に。デッドスペースを有効活用できます。
●食洗機のホース
食洗機のホースが蛇口から伸びていおり、そのままにしておくと下について掃除が面倒。なので、吸盤フックで浮かせています。
●スポンジ
食洗機のホースのつけ根に、食器用スポンジのフックをかけています。
水をきりながら邪魔にならずに収納が可能。
●水筒用ブラシ
キッチンだけでも、フックの活用場所はこんなにたくさん!
無印用品のアルミタオルハンガーと専用のフックに、水筒用ブラシをつるしています。
おたまやフライ返しなどのキッチンツールをつるしてもいいですね。

●排水口掃除ブラシ
窓枠につっぱり棒をつけて、フックをかけ、排水口の掃除専用のブラシを引っかけ収納。毎日使うものなので、乾かしながら収納できるのが便利です。
●ゴミ袋ストック
ゴミ袋のストックをトートバッグに入れて、ゴミ箱の横のフックに下げています。
使う場所の近くにストックをおけば、交換もスムーズです。
●バナナ
直置きすると傷みやすいバナナ。専用のバナナハンガーもありますが、場所を取ってしまいます。
そこで、キッチンツールを収納しているラックにフックをかけて、引っかけています。目につくので食べ忘れることもありません。
●フック使いのストレスをなくすポイント
つるしてあるものを取るたびにフックが外れてしまうと、ストレスに。
ペンチで幅を狭めておくだけで外れにくくなり、格段に使いやすくなりますよ。
キッチンだけでも、たくさんの使い道があります。
上手にフックを取り入れて、収納スペースを増やしてみてください。