カテゴリー別アーカイブ: ネットの話題

大阪湾に眠る“謎の活断層” 沿岸部に深刻な津波被害の可能性も

MBSニュース によると。

大阪湾の海底を通っている大きな活断層「大阪湾断層」。淡路島の東側の沖合に南北に延びる断層で、いまこの断層が動けば、阪神・淡路大震災以上の大きな被害が出る可能性があることが最新の研究でわかってきました。

去年9月、神戸大学の海底探査船が大阪湾に出航した。目的は学生たちに最新の海底調査の方法を身につけてもらうこと。さらに、大阪湾の海底に伸びる活断層を詳細に調べるためだ。大阪湾の海底には淡路島の洲本沖から神戸の六甲アイランド付近まで、長さ約39キロにも及ぶ「大阪湾断層」が横たわっている。

大阪湾断層については、1995年の阪神・淡路大震災の後、政府の地震調査研究推進本部によって本格的な調査が行われている。その結果、平均活動周期は約3000~7000年で、最後に動いたのは9世紀以降と推定されたが、まだわからないことが多い“謎の活断層”だ。ただ、約40キロ近い長さから、もしこの断層が動けば阪神・淡路大震災を起こしたマグニチュード(M)7.3の地震を超えるM7.5程度の地震を起こす可能性があることがわかった。これは、阪神間を含む周囲の沿岸部に震度5強~7の強い揺れをもたらす恐れがある巨大な地震だ。

神戸大学の研究グループは、最新の機器を使って大阪湾の海底に眠るこの「謎の活断層」の全容解明に挑んでいる。調査の方法のひとつは「反射法地震探査」と呼ばれるもので、海中で人工の地震波を発生させ海底の地層から跳ね返ってくる波を分析してその構造を調べるというものだ。入手したデータはすぐにデジタル画像化され、船の上でも見ることができる。

「海底に堆積している層が見えるのが最初で、それがあるところに沈んでいるように見えているところが断層。数十メートルくらいの段差がある。これがいわゆる大阪湾断層」(神戸大学・海洋底探査センター 島伸和教授)

今回の調査では、これまでわかっていなかった新たな活断層も発見された。

「(画像の)端の方もよく見ると、ちょとした食い違いもある。これも小さな断層かなと認知できる。ごく最近に動いたとたぶん言える」(島伸和教授)

では、こうした海底活断層が動けば何が起こるのか。強い揺れにより、周辺の沿岸部に被害を引き起こすことはすでに想定されているが、実は、さらに深刻な被害が出る恐れがあるという。その被害とは…

「復帰して、中居に言われたひと言にジンときた」完全復活したヒロミが大切にしてきたもの

新R25 によると。

「実はオレ、生き急いでたんだよね」
ヒロミさん。

『ウチのガヤがすみません!』『火曜サプライズ』(日本テレビ)、『東大王』(TBS)などの番組でMCを務めるなど、現在バラエティ番組で見ない日はないほどの大活躍です。

そんなヒロミさんがかつて芸能界から離れ、表舞台から姿を消していたのは有名な話。しかもその期間約10年…!

なぜ第一線から離れ、そして復帰することができたのか?これまでヒロミさんが大切にしてきたもの、そしてR25世代へのアドバイスをお届けします!

〈聞き手:天野俊吉(新R25編集部)〉

【ヒロミ】1965年東京都八王子生まれ。1986年、コントグループ「B-21 SPECIAL」を結成。1993年に歌手・タレントの松本伊代と結婚。2005年に加圧トレーニングジムをオープン
「内臓が一個ない。すぐ死ぬんじゃないか」生き急いでいた 20代
天野:
まずは80~90年代、芸能界で活躍されてたころのことを教えてください!

ヒロミさん:
要はオレ、生き急いでたんだよね。18歳のころに車で交通事故おこして死にかけて、脾臓が破裂して摘出されちゃったの。

「内臓が一個ない」って思ったら、すぐ死ぬんじゃないかと思って焦っちゃったのかな。20代後半で独立して事務所つくったり、レギュラー番組を何本もやったり、とにかくめちゃくちゃ働いた。

まわりの共演者にも“本気”を求めちゃうし。

天野:
「100%やれ」と。

ヒロミさん:
いやいや、100%なんかじゃイラついてたよ。200%やれよ!ってみんなに思ってた。

ただ、最初はみんな面白がってくれるけど、何年かすると「もうちょっと丸くなったほうがいいんじゃないか」「もうちょっと大人になってもいいんじゃないか」って言われるようになったんだよね。

天野:
それができなかったのはなぜなんでしょうか?

ヒロミさん:
そうやって強がるのが“自分の味”だと思ってたからさ。「それがなくなっちゃったらオレじゃなくなっちゃうんじゃないか」って。

強めのツッコミとか言い方とか、20代から同じスタイルでやってきてると、急に「時代と合ってない」なんて言われても受け入れられないんだよね。

天野:
一時期、堺正章さんに失礼な態度を取って“干された”みたいなウワサを聞くこともありましたが…

ヒロミさん:
それ、ホント面白いよね(笑)。面白がって否定しなかったらけっこう広まっちゃったんだけど。

失礼も何も、おれは堺センセイにもずっとタメ口だったし、先輩にも「おじさん(ビートたけし)」「おい、森田(タモリ)」なんて呼んでたからね。それでいい関係ができてるから大丈夫なんだよ。

天野:
そんな大御所に…かわいがられるコツとかがあるんでしょうか?

ヒロミさん:
エライ人をイジるにしても、側近の顔を見たら限界点がわかるんだよね。

本人をイジって笑いを取りながら、視界のはじっこで付き人の顔を見て、笑顔がなかったらやめとかなきゃいけない。

天野:
なるほど…まわりにウケてるからいいわけじゃないと。

ヒロミさん:
あと、普段から本気でタメ口きいてるから面白いんだよ。

一時期タメ口キャラの女の子がいっぱい出たけど、もうあんまり残ってないでしょ(笑)。カメラの前でだけ無理してやってる子は、タメ口きかれてるほうも面白くないし、続かないんだよね。

キッチンだけでも7通り!100円フックを使い分けて狭いスペースも快適に

ESSE-online によると。

キッチンが狭くて収納スペースがたりない…そんな悩みは、便利グッズで解消しませんか?

キッチンだけでも7通りの使い方をしているというまいさんに、実例を見せてもらいました。
キッチンだけでこんなにも!フックで収納がぐんと便利に
ものをつるしたり浮かせたりするのに便利なフック。今では100円ショップでも、さまざまなサイズやデザインのものが手に入ります。
フックといっても、「S字」「粘着」「マグネット」など、種類もいろいろ。用途ごとに使い分けるのがポイントです。
ここではキッチンで実際に使っている様子をご紹介します。

●計量カップ
キッチンだけでも、フックの使い道はさまざま
調味料と一緒に使うことの多い計量道具を、同じ引き出しに収納しています。
小ぶりな粘着フックを引き出しにつけて、計量カップの定位置に。デッドスペースを有効活用できます。
●食洗機のホース
食洗機のホースが蛇口から伸びていおり、そのままにしておくと下について掃除が面倒。なので、吸盤フックで浮かせています。
●スポンジ
食洗機のホースのつけ根に、食器用スポンジのフックをかけています。
水をきりながら邪魔にならずに収納が可能。
●水筒用ブラシ
キッチンだけでも、フックの活用場所はこんなにたくさん!
無印用品のアルミタオルハンガーと専用のフックに、水筒用ブラシをつるしています。
おたまやフライ返しなどのキッチンツールをつるしてもいいですね。

●排水口掃除ブラシ
窓枠につっぱり棒をつけて、フックをかけ、排水口の掃除専用のブラシを引っかけ収納。毎日使うものなので、乾かしながら収納できるのが便利です。
●ゴミ袋ストック
ゴミ袋のストックをトートバッグに入れて、ゴミ箱の横のフックに下げています。
使う場所の近くにストックをおけば、交換もスムーズです。
●バナナ
直置きすると傷みやすいバナナ。専用のバナナハンガーもありますが、場所を取ってしまいます。
そこで、キッチンツールを収納しているラックにフックをかけて、引っかけています。目につくので食べ忘れることもありません。
●フック使いのストレスをなくすポイント
つるしてあるものを取るたびにフックが外れてしまうと、ストレスに。
ペンチで幅を狭めておくだけで外れにくくなり、格段に使いやすくなりますよ。
キッチンだけでも、たくさんの使い道があります。
上手にフックを取り入れて、収納スペースを増やしてみてください。

「貴の乱」は「勝たなきゃ意味がない」河野景子さんが花田光司氏の思いを告白

サンケイスポーツ によると。

 大相撲の元横綱貴乃花の花田光司氏(46)の元妻で元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)が、28日放送の同局系「バイキング・ザ・ゴールデン」(後6・0)にVTR出演。先月26日の離婚発覚後、初のメディア出演で赤裸々に語り尽くした。

 河野さんは聞き手となった司会の俳優、坂上忍(51)に対し、胸の内を激白。2010年に花田氏が日本相撲協会の理事選へ出馬した「貴の乱」について、「一石を投じたことに意味があると思った」と振り返った。理事選前日にその思いを花田氏に伝えると、「勝たなきゃ意味がないんだ」と言われたという。「負けたらこの人はやめるかもしれないと思った」という河野さんは「勝った瞬間は叫びました」と笑みを浮かべた。

秋篠宮「娘・眞子と小室圭の納采の儀(婚約)はできない」

プレジデントオンライン によると。

 注目されていた秋篠宮さんの誕生日会見が11月30日に解禁になり、発言全文が公開された。

 会見自体は22日に行われていた。例年通りではあるが、記者たちには今年は特に保秘を徹底するよう、申し渡されたそうである。一部には、眞子さんの結婚問題について、破局を明言したためではないかという憶測も流れた。

 だが、会見の中の重要な発言は、朝日新聞(11月30日付)が一面で報じたように、「大嘗祭、国費支出『適当かどうか』 秋篠宮さま、皇位継承行事めぐり」であった。

 秋篠宮さんは、天皇の代替わりに行う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」に、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」として、政府は公費を支出するべきではないという考えを示したのである。

 1990年に行われた「大嘗祭」では、宮廷費約22億5000万円が使われたという。秋篠宮さんは、天皇家の私費にあたる「内廷会計」で賄うべきだ、つまり質素にやるべきだと宮内庁の山本信一郎長官らに「かなりいった」が、聞き入れてもらえなかったと話している。

■「婚約はできない」に週刊誌編集部は大騒ぎした

 宮内庁はまったく知らされていなかったため、大慌てのようだ。政教分離の観点からも重大発言だが、そうしたことを全く考えずに前例を踏襲して公費を支出することを決めてしまった、安倍政権への異議申し立てでもある。

 案の定、各方面から批判の声も上がっている。だが、テレビや新聞の写真で見る53歳になった秋篠宮さんの表情にはすごみが出てきた。天皇皇后や皇太子がいえないことを私がいう。覚悟をした男の顔である。

 週刊文春や週刊新潮は親しい宮内庁記者から会見内容を聞きだし、詳細を知っていたようだが、この問題については一行も触れていない。

 関心は、秋篠宮さんが、「娘・眞子と小室圭の納采の儀(婚約)はできない」と語った一点だけだった。これを聞いた時、女性誌を含めた週刊誌編集部は鬼の首を取ったような大騒ぎをしたに違いない。

 それも秋篠宮さんは、小室圭さんに関わることが週刊誌などで報道されていることは、承知していると話したのだ。「われわれ週刊誌が2人を破局に追い込んだ」。編集部にはそう勘違いした人間もいたのではないか。