カテゴリー別アーカイブ: ネットの話題

大谷翔平の新人王は「100年以上受け継がれる」 二刀流での受賞に米記者最大級賛辞

THE ANSWER によると。

 メジャーリーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。チームメートやファンから続々祝福を浴びていた大谷だが、米記者も「100年以上受け継がれるものだ」と伝説的な二刀流での活躍を改めて称えている。

 大谷は今季、打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点、OPS.925、10盗塁、また投手としても10試合に登板し、4勝2敗、防御率3.31という投打に好成績をマーク。30人中25人から1位票を投じられ、次点のヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手に大きな差をつけ、文句なしでの受賞を果たした。

 エンゼルスで新人王を獲得するのは1993年のティム・サーモン氏、2012年のトラウト以来となる3人目。ベーブ・ルース以来となる「15本塁打&50イニング登板」を果たすなど、“ルース以来”という言葉で何度も語られ、一世紀前のかつての伝説の存在を現在によみがえらせた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニは歴史に残るシーズンを締めくくった。二刀流選手という、100年以上も受け継がれるものだ」とツイート。「ショウヘイ・オオタニは特大の可能性をもってエンゼルスに入団し、全米を支配してきた」ともつづり、最大限の賛辞を送っている。

 前人未到の二刀流への挑戦は、米国でも格別な存在感を放っていたようだ。

無印良品だけにあらず! あのジョーダンはパクリ中国に「連敗中」

クーリエ・ジャポン によると。

パクリ大国の中国で、耳を疑う判決が下っていたことがわかった。「MUJI」「無印良品」ブランドを世界展開する良品計画が、中国のパクリ企業に商標権の侵害で訴えられ、敗訴したのだ。

「先に登録したもん勝ち」の中国では、NBAのスター選手だったマイケル・ジョーダンも、自身が起こした商標権訴訟で負け続けている。まさに、悪貨が良貨を駆逐する状況となっている。

上海にある無印良品の世界旗艦店。2015年のオープン時は長蛇の列ができ、入場制限がかかった Photo: VCG / VCG / Getty Images
良品計画現地法人は「徹底的に争う」
香港のニュースメディア「am730」がスクープした内容によると、知財問題を専門に扱う裁判所の北京知識産権法院は2017年12月、無印良品と同社の中国法人、無印良品(上海)商業が「『無印良品』の商標を原告の許可なく一部商品に使用していた」と判断、62万6476人民元(約1026万円)の損害賠償金の支払いと、公式サイトおよび中国実店舗で30日間の謝罪文を掲示するよう求める一審判決を下した。

信じがたい判決だ。「無印良品」が、世界に誇る良品計画のオリジナルブランドだということは疑いようもない。なぜ同社が中国企業に商標侵害の賠償金を支払わなくてはならないのか。

実は、原告の中国繊維製品メーカー・北京棉田紡績品が良品計画に先んじ、商標分類の「第24類」に該当するバスタオルやキッチンマット、ベッドカバーなどの布製品に限って、中国で「無印良品」の商標権を取得していた。良品計画は2005年に無印上海を設立し中国事業をスタートさせたが、北京棉田の商標権取得はそれより早い04年だ。

北京棉田は「良品計画がウチの許可を得ず、これらの布製品を『無印良品』として中国で販売しているのは商標権の侵害だ」と主張し、販売の差し止めを求める裁判を起こした。裁判所によると、北京棉田の商標権は2024年4月27日まで有効という。

良品計画の広報担当者は、「ただちに控訴し、現在は第二審の審理が継続中。当該判決は確定していず、損害賠償を支払ったという事実もない」と憤りを隠さず、徹底的に争う構えを見せている。

“近すぎる”小室親子の距離感…佳代さんは衝撃的 50代らしからぬ「現役感」

文春オンライン によると。

“近すぎる”小室さん親子の距離感
記者A 小室さんの人柄を知る上で、欠かせないのはやはり母親の佳代さんの存在でしょう。「週刊文春」が報じたサングラス姿の佳代さんは衝撃的でした。

記者C 最初に自宅前で報道陣の前に姿を見せた時、佳代さんはピタッとした洋服を着てロングの黒髪をゆるくまとめていましたよね。50代らしからぬ「現役感」をひしひしと感じました。父親の敏勝さんは、圭さんが10歳の時に亡くなっています。佳代さんは、圭さんに並々ならぬ愛情を注いで女手一つで育てたようですね。

記者E 毎朝、小室さん親子は自宅を一緒に出て同じ電車に乗り込み、時には夜も一緒に帰ってくるほど距離感が近かったんです。

記者F 眞子さまは中学生の頃、「ケンタッキーってどんな味?」とご友人へお尋ねになり、一緒に食べに行かれたこともあったそうです。自由にのびのびと、お子様方の個性と興味を伸ばすご教育をなさってきた秋篠宮家ですが、やはり一般庶民とは比較しようがないご生活を送ってこられたのですから、このまま眞子さまと小室さんが結婚されたら、思わぬギャップやお互いの生活習慣の違いに、追い追い気がつくことになるのでしょうか。

記者D 小室さんが高校時代に交際していた女性は、資産家の令嬢でした。佳代さんも、その女性とのお付き合いを応援していたようで、小室さん親子には、眞子さまとの結婚が、圭さんの“ステップアップ”につながるという意識があるのでは、とちょっと思ってしまいますね。

記者C そもそも、眞子さまは「女性宮家創設案」のキーパーソンでした。実質的に女性宮家創設案は、眞子さまをはじめとする内親王のために検討が続けられてきたようなもの。それだけに、陛下がご退位される前にご結婚なさるとは思いもよらなかった、というのが率直なところです。

記者B 私は、眞子さまご婚約の一報を聞いた時、どちらかというと「一抜けできてよかったのかも」と思いましたね。いつまでも女性宮家構想の結論が出ない状況に振り回され続けるのは、結婚適齢期を迎えた女性にとってあまりにも酷ではないでしょうか。

皇室担当記者が目撃…小室圭と母親の“近すぎる距離感”

文春オンライン によると。

10月29日、高円宮家の三女・絢子さま(現・守谷絢子さん)と守谷慧さんの結婚式が明治神宮で執り行われた。絢子さまは結婚に伴い、皇族の身分を離れられた。結婚適齢期を迎えられている女性皇族は多く、現在、30代以下の未婚の女性皇族は6人だ。眞子さまもそのお一方だが、婚約内定者である小室圭さんとの結婚は延期に。皇室担当記者たちが現場で目撃した小室さん親子の素顔とは?

小室圭さんは「皇室っぽくない」
記者A 2017年5月16日にNHKが「眞子さまご婚約へ 大学時代の同級生と」とスクープしたわけですが、その時の小室さんに対する現場記者の第一印象はどうでしたか?

記者C 夜7時のニュースでしたよね。ちょうど関係者と会合中で、その場に居合わせた人たちの携帯が次々に鳴って。私は「湘南江の島海の王子」と聞いて、こんなに自己アピールの強そうな人で大丈夫なのか、と思いましたね。

記者D 私は一報を聞いて、神奈川県内の小室さんの自宅マンションへ駆けつけました。マスコミが大挙して押し寄せて、近隣住民や幼なじみの女性へインタビューするなど、夜遅くまで大騒ぎ。小室さんは一夜にして誰もが知る有名人になってしまいました。

記者B 小室さんのICU時代の写真が数多くマスコミで紹介されましたが、茶髪でチャラチャラした感じのルックスでしたから、余計に違和感を覚えたのかもしれません。小室さんって、何というか「皇室っぽくない」んですよ。

記者E 私は二人の母校であるICUのフランクな雰囲気にも、ちょっと困惑してしまいました。特に小室さんは、中高一貫のカナディアン・インターナショナルスクールを卒業したため、9月入学生なんです。通称「セプテン」と呼ばれていて、留学生や帰国子女が多いので、一般の4月入学生とはちょっと雰囲気が違います。
「恋する乙女」モードの眞子さま
記者F NHKの婚約報道の約半年前、「週刊女性」(2016年11月1日号)が眞子さまと小室さんのツーショット写真を掲載した時も、衝撃が走りましたね。当時は小室さんの名前は伏せられていましたが、「彼氏がいらっしゃるんだ」という驚きもありましたし、眞子さまが「恋する乙女」モードのお顔をなさっていて。

記者D 東急東横線の車内で、小室さんが「マーちゃん」と呼びかけていたそうですね。彼が「次は、マーちゃんの携帯も見せてよ」とスマホを覗き込むと、眞子さまは「ブサイクだから、やだぁ~」と。

記者C ペアリングとお揃いのブレスレットをなさっているので、十中八九お付き合いをされている雰囲気でした。小室さんはアバクロンビー&フィッチのポロシャツにハーフパンツという出で立ちで、眞子さまはユニクロのワンピース。今時の若者らしい格好でした。

記者B 私も、「これはお付き合いしていらっしゃるんだな」と確信しました。ICUに入学されたばかりの頃、眞子さまはアクセサリーを身につけられるにしても、指輪は右手の人差し指にされていたのに、この時は薬指にされていましたから。

記者A 写真では、眞子さまのバッグの中から充電器のコードが出ていて、小室さんが覗き込むスマホにつながっています。相当親密そうなご様子でね(笑)。それまでの眞子さまと言えば、清楚で真面目。学習院女子中・高等科時代は、図書室で読書をなさって……。そんなイメージのままでしたから。

記者E NHK報道前の小室さんは、休日にお弁当を持参して国会図書館で勉強したり、フットサルを楽しんだりしていて、まるで学生のような過ごし方でした。その後、「奥野総合法律事務所」でパラリーガルとして勤務していることが分かるのですが。

記者B パラリーガルという職業も、眞子さまと小室さんの報道を機に注目を集めましたね。平均年収は300万円ほどとも言われますが、それだけで暮らしていけるのか、二人の生計をどうやって立てるのかと、疑問視する声も多かった。小室さんは『 月たった2万円のふたりごはん 』(幻冬舎)を読んでいたとか。

記者F 小室さんは、本当に倹約家のようで、余計な買い物をほとんどしないんですよね。このくらいの年の若者はついつい、帰り道にコンビニへ寄って何か買ってしまったりすると思うのですが……。書店に入っても、「dancyu」や東京観光ガイドを立ち読みする程度。眞子さまとのデートでどこへ行くか、お出かけ先を考えていたのかもしれないですね。

安室奈美恵・浜崎あゆみ・菅田将暉がランクイン!平成のファッションリーダーランキング発表

E-TALENTBANK によると。

株式会社ユニクロが平成を振り返り、最も記憶に残っているファッションアイテムについて調査を実施し、「記憶に残る平成のファッションリーダーランキング」を発表した。

全国の10代から60代の男女1236名を対象に、“平成におけるファッションリーダー”について聞いたところ、女性有名人では今年9月に引退した安室奈美恵さんが全世代における1位という結果になった。

また、平成生まれの回答者のランキングでは2位に藤田ニコル、3位にローラ、4位にきゃりーぱみゅぱみゅ、5位に石原さとみとなっており、昭和生まれのランキングでは2位にローラ、3位にきゃりーぱみゅぱみゅ、4位に藤田ニコル、5位に浜崎あゆみが選ばれている。

さらに、男性芸能人については、平成生まれのランキングでは1位に菅田将暉が輝き、2位に竹内涼真、3位に木村拓哉・坂口健太郎、5位に成田凌が続いた。

昭和生まれの回答では、1位に木村拓哉、2位に菅田将暉、3位にベッカム、4位に所ジョージ、5位に福山雅治がランクインした。