無印良品だけにあらず! あのジョーダンはパクリ中国に「連敗中」

クーリエ・ジャポン によると。

パクリ大国の中国で、耳を疑う判決が下っていたことがわかった。「MUJI」「無印良品」ブランドを世界展開する良品計画が、中国のパクリ企業に商標権の侵害で訴えられ、敗訴したのだ。

「先に登録したもん勝ち」の中国では、NBAのスター選手だったマイケル・ジョーダンも、自身が起こした商標権訴訟で負け続けている。まさに、悪貨が良貨を駆逐する状況となっている。

上海にある無印良品の世界旗艦店。2015年のオープン時は長蛇の列ができ、入場制限がかかった Photo: VCG / VCG / Getty Images
良品計画現地法人は「徹底的に争う」
香港のニュースメディア「am730」がスクープした内容によると、知財問題を専門に扱う裁判所の北京知識産権法院は2017年12月、無印良品と同社の中国法人、無印良品(上海)商業が「『無印良品』の商標を原告の許可なく一部商品に使用していた」と判断、62万6476人民元(約1026万円)の損害賠償金の支払いと、公式サイトおよび中国実店舗で30日間の謝罪文を掲示するよう求める一審判決を下した。

信じがたい判決だ。「無印良品」が、世界に誇る良品計画のオリジナルブランドだということは疑いようもない。なぜ同社が中国企業に商標侵害の賠償金を支払わなくてはならないのか。

実は、原告の中国繊維製品メーカー・北京棉田紡績品が良品計画に先んじ、商標分類の「第24類」に該当するバスタオルやキッチンマット、ベッドカバーなどの布製品に限って、中国で「無印良品」の商標権を取得していた。良品計画は2005年に無印上海を設立し中国事業をスタートさせたが、北京棉田の商標権取得はそれより早い04年だ。

北京棉田は「良品計画がウチの許可を得ず、これらの布製品を『無印良品』として中国で販売しているのは商標権の侵害だ」と主張し、販売の差し止めを求める裁判を起こした。裁判所によると、北京棉田の商標権は2024年4月27日まで有効という。

良品計画の広報担当者は、「ただちに控訴し、現在は第二審の審理が継続中。当該判決は確定していず、損害賠償を支払ったという事実もない」と憤りを隠さず、徹底的に争う構えを見せている。

本田望結の挑戦、二足のわらじのその先へ

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートの西日本選手権が11月4日まで名古屋市の日本ガイシプラザで行われた。ジュニア女子で8位に入り、全日本ジュニア選手権(23~25日、福岡市)の出場権を獲得したのが、本田真凜(17)=JAL=の妹で女優の本田望結(14)=関大中=だ。10月の全日本ノービス選手権で2位となったことで、全日本ジュニアの出場権を得ている妹の紗来(11)=京都醍醐ク=と、大舞台で直接対決する。

 ブロック大会で望結を取材するのは1年ぶりだったが、身長が伸び、顔立ちが大人びた以上に驚いたのは、その話しぶりだった。「最終滑走でしたが、しっかりと落ち着いて滑ることができました。6分間練習の後に時間があくのですが、兄(男子シニアの太一)のアドバイスのおかげでうまく過ごすことができました」

 ハキハキとした話しぶりは、子役や女優のそれではなく、しっかりとしたトップアスリートのものだった。今回の結果を「全日本に行くんだと気持ちを入れて、スケート中心にやってきた成果が出た」というのもうなずけた。

 昨年は初めて全日本ジュニアに出場したが、20位に甘んじた。「去年は全日本ジュニアに行けて(そこで)満足してしまった」と悔しそうに振り返る。「2つのこと(女優とスケート)をしているということで、自分の中で言い訳をつくっていた。ちゃんとフィギュアスケーターとして認めてもらえるようになりたい」。ジュニアの国内最高峰で、スケーターとしての存在感を示したい。その思いがひしひしと伝わってきた。

 去年、ドラマの撮影を抱えている時は、東京でリンクを借りて、合間を縫って練習していたと聞いた。その上「学校の勉強もしっかりしたい」とも言っていた。思えば、彼女の口から“言い訳”など聞いたことはない。ただ、ここでさらに腹をくくったということなのだろう。

 目標の全日本ジュニアの切符を得て「明日からは女優の望結に戻るんですけどね」と報道陣を笑わせた。「気持ちのコントロールが少し上手になったかな」。かれんだった少女が目指すのは、新しいアスリート像だ。14歳の力強い言葉を聞いてると、彼女ならやれるのかもしれないと思う

羽生結弦は異次元に到達 今季中の“4回転半”を次なる目標に

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 4日のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦(ヘルシンキ)。冬季五輪2連覇中の羽生結弦(23)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーもトップの190.43点をマークし、合計297.12点でGP9勝目(ファイナル含む)を挙げた。国際スケート連盟(ISU)公認大会で世界初の4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)に成功。SP、フリー、合計の全てでルール改正後の世界最高得点をマークした。

 意外にも、シニア転向9季目にして初めてGPシリーズ初戦を制した羽生は「4回転トーループ―3回転半はちょっと挑戦的なことだったと思うし、練習も大変だったが頑張った」と笑顔を見せ、今季中には「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)をやりたい」とさらなる高みを目指すと明かした。

羽生結弦が今季世界最高点で首位発進、貫禄の全着氷

日刊スポーツ によると。

男子で五輪2連覇の羽生結弦(23=ANA)が、SP今季世界最高の106・69点で、12-13年スケートアメリカ以来6季ぶりにGP初戦で首位発進した。9月の初戦オータム・クラシックから演技構成を変更。連続ジャンプを後半に入れた攻めの演技で、GP初戦初勝利へ前進した。

王者の貫禄だった。最後のジャンプだった4回転-3回転のトーループ。羽生は2つめのジャンプで腰が落ちかけたが、ぐっと耐えて体勢を持ち直した。これですべてのジャンプを着氷。今季初実戦のオータム・クラシックで0点になったスピンもきっちりとクリア。SP今季世界最高となる106・69点をマークした。

初戦のオータムクラシックを終えると、羽生はすぐにある人にメールを送った。相手は信頼する音響デザイナー矢野桂一氏。SP「秋によせて」の内容を変えるためだった。SPでは1分25秒を過ぎた時点からジャンプの得点が1・1倍になる。流れを重視し3つのジャンプを続けて跳ぶのはそのままに、得点アップのため、最後の4回転-3回転トーループを少し後にずらすよう編曲を頼んだ。

音には徹底的にこだわる。五輪フリーで使用した「SEIMEI」でも、羽生は矢野氏に「無理なことを言っているのは承知の上ですが…」と言葉を置いたうえで、冒頭に自分の息を入れる、イナバウアーの箇所で金切り音を入れるなど細かく指示。33度も作り直して完成形に至った。矢野氏は「今回も(指示は)相変わらず細かいです。腕が試されます」。10月はじめ、数秒単位の調整を加えた新バージョンを受け取り、それに合わせて準備してきた。

GP初戦は、シニアデビューから8季連続で優勝を逃してきた。しかも、ソチ五輪金メダルの後の14-15年中国杯では衝突事故で流血するなど、嫌なイメージも残る。ヘルシンキは17年世界選手権でフリーの歴代最高点を出した場所。今季、中国杯から代替開催となった縁起のいい地で、GPのジンクスを破る。