「新潮45」10月号が掲載したLGBT批判の特集記事の内容に反発して、出版元の新潮社の本を書棚から撤去する書店も現れた。

ハフポスト日本版 によると。

新潮社の本、書棚から撤去する書店も。「新潮45」の寄稿に怒りの声
問題の「新潮45」どんな内容?

この特集記事には、文芸評論家・小川榮太郎氏は「LGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ」などと書いたことに関して、LGBT当事者らから反発する声が挙がっていた。

なぜ新潮社の本を書棚から撤去したのか。書店の主張を調べた。
「あまりに酷い言葉の暴力が展開されている」(本屋プラグ)
和歌山市の書店「本屋プラグ」は9月19日、雑誌を含む、新潮社の新刊本の一切の販売を停止。書棚に並んでいる本も全て撤去することを公式サイトで明かした。約20坪の敷地に新刊と古本が混在している小規模な書店だという。

運営スタッフ2人の連名で以下のように訴えている。

<『新潮45』において、「LGBTはふざけた概念」として性的マイノリティの方々への侮辱的で、あまりに酷い言葉の暴力が展開されていることは、とうてい看過できません。強い憤りと抗議の声をあげるための決定です。>
「怒りを感じた」(東京都文京区の書店)
東京都文京区にある書店。約6坪の敷地に新刊と古本が混在しているが、公式Twitterで19日に「新潮社の新刊については当面仕入れを見合わせる事にしました」と投稿した。

店主の男性は21日、ハフポスト日本版の取材に対して「新潮45の内容を知って、怒りを感じた。今は新潮社の本を置きたくない」と話した。新刊本の棚から、新潮社の本を撤去したという。

ザギトワ・メドベージェワの平昌金銀2人が初戦 女子フィギュア今季はコーチの代理戦争

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 20日には、平昌五輪女子シングル金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)がオンドレイネペラ杯(スロバキア)、同銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18=ともにロシア)がオータム・クラシック(カナダ)で揃って今季初戦を迎える(日付はいずれも現地時間)。

 ともにロシアの名門クラブ「サンボ70」で練習を重ねてきた2人。2月の冬季五輪後は、明暗がくっきり分かれた。

 ザギトワは日本の団体からお気に入りの秋田犬を贈られたり、企業の販促イベントに出演するなど、各国から引っ張りダコだった。その一方、メドベージェワは後輩のザギトワに敗れた精神的ショックもあり、3月上旬からドイツで休養した。10年近くも指導を受けたエテリ・トゥトベリーゼ・コーチとの師弟関係を解消。羽生結弦が師事するブライアン・オーサー・コーチの門を叩いた。

 メドベージェワによるザギトワへの嫉妬心、2人のライバル心もあり、今季リンク上ではロシア勢による激しい火花が散るのは必至。それ以上に互いのコーチ同士のメンツをかけた争いも激化しそうだ。

 平昌後、メドベージェワ以外にもジュニアのトップを含む3人の有力選手がトゥトベリーゼ・コーチの元を去った。ザギトワと並ぶ女子のトップスケーターを横取りされたロシア人コーチのメンツは丸潰れだ。

 世界中の有力スケーターから再び、支持を集めるためにも、ザギトワを含む自身の教え子には今季のグランプリシリーズで結果を残させなければならない。

 今以上に、自身の名声を高めるため、ロシアの有力選手を囲い込みたいオーサー氏にとっても、思惑は同じだろう。

 今季の女子フィギュアはロシア人とカナダ人コーチの教え子による代理戦争が繰り広げられそうだ

安室奈美恵「コンドミニアム」ドタキャンで囁かれる復帰説

SmartFLASH によると。

 安室奈美恵(40)をよく知る音楽関係者はそう言った。9月16日をもって、芸能活動から引退した安室。だが彼女を知る人のほとんどは、「完全な引退などありえない」と声を揃えるのだ。

 その理由を説明する前に、まずは引退までを振り返ろう。安室がこの日限りで芸能界から退くことを公式サイトで発表したのは、2017年の9月20日。デビュー25周年を記念した地元・沖縄での凱旋ライブを成功させた直後だった。

 大騒ぎとなったマスコミの取材合戦によって、安室が2016年秋に、京都市内に2億円のマンションをキャッシュで買っていたことがわかった。

「有名な神社に近い場所に立つマンションの、ワンフロア全体がひと部屋で、広さは150平方メートルです。どこへ行くにもメディアの目が光る東京を脱出するために買ったといわれており、引退後しばらくは京都に住むとみられています」(前出の音楽関係者)

 2月17日から最後のコンサートツアーがスタート。5月23日には沖縄県民栄誉賞を授与された。6月3日の東京ドームまで続いたツアーは80万人を動員。その模様を収めたDVD・ブルーレイは約130万枚を売り上げている。

「すべてをひっくるめると、200億円を超える売り上げとみられる。仮に3割が安室に入るとして60億円だ」(別の音楽関係者)

 そして9月、最後のステージに立つため、安室は沖縄に飛んだ。

 安室本人は「歌手安室奈美恵はこれで完結。私がステージに戻ることはないです」と、NHKのインタビューで言い切っている。にもかかわらず、関係者が「安室は必ず復帰する」と話すのはどうしてか。

「引退発表後、しばらくすると、ごく近い人に、安室はこう漏らすようになった。『勢いで引退と言ってしまった』。彼女の中には音楽への未練がある」(別の音楽関係者)

 じつは一時、安室は「引退したら海外移住する」と周囲に話していた。

「『クイーン・オブ・ポップ』といわれる米歌手、ケイティ・ペリーにあこがれて、ロサンゼルスでコンドミニアムを探していた。契約寸前で、キャンセルしたと聞いている」(芸能関係者)

 日本に住むのは、「安室奈美恵」の名前で仕事をしていくからにほかならない。冒頭の音楽関係者は力強く話す。

「まずは個人事務所で、アパレルのブランドを立ち上げると聞いています。だが安室がいちばん意欲をかきたてられるのは、やはり音楽。2020年の東京五輪に合わせて、新曲が生まれる。そう信じています」

USJの「クールジャパン2019」にルパン三世が初登場! 来年1月18日から

スポーツ報知 によると。

 大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は18日、 来年実施5周年を迎える「ユニバーサル・クールジャパン2019」で人気作「ルパン三世」のアトラクションを開催する発表した。2019年1月18日~8月25日に実施される。

 昨年、原作誕生50周年を迎え、テレビ新シリーズ「ルパン三世 PART5」だけでなく、様々な企画やコラボで新たな旋風を巻き起こした「ルパン三世」がUSJ初登場。「XRライド」と「エンターテイメントレストラン」の2つのアトラクションで世界観が展開される。

 「XRライド」は、日本の“クール”なエンターテイメント・ブランドを集めた「ユニバーサル・クールジャパン」の2016年開催で「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」として世界で初めて導入された。

 視覚と聴覚で別世界へ誘うVR(ヴァーチャル・リアリティー)を進化させ、360度見渡せる世界と、疾走するライドの重力感覚をシンクロさせるアトラクション。おなじみのルパン三世と銭形警部との追いかけっこなどが、ライドを通じてリアルに展開されそうだ。